1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第49回「香港馬ガンピット、チャンピオンズC参戦へ前進!」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
更新
随時

[2015年11月19日16時31分更新]

第49回「香港馬ガンピット、チャンピオンズC参戦へ前進!」

チャンピオンズC(G1、ダート1800メートル、12月6日=中京)に予備登録を行い、選出馬となっている香港調教馬ガンピット(セン5、C・ファウンズ、父ドバウィ)が18日、シャティン競馬場で行われたジャクソン・ハンデキャップ(クラス1、オールウェザー1650メートル)を快勝しました。中団インで脚をため、直線は先行馬をあっさり捕まえて、最後は流しながらゴール。鞍上はZ・パートン騎手で勝ちタイムは1分36秒34。

 

香港ジョッキークラブのホームページにある記事では、「数日様子を見て、日本に行くかどうかの決定を下します」「1800メートルは問題ない。経験したことがない日本のダートをこなせるかどうかだ」とファウンズ師。

 

チャンピオンズCに予備登録を行っている馬は9頭。米国馬リー(写真は3月ドバイにて)

チャンピオンズCに予備登録を行っている馬は9頭。米国馬リー(写真は3月ドバイにて)

外国馬の参戦は一昨年のパンツオンファイアが16頭立て16着、昨年のインペラティヴが16頭立て15着と厳しい結果が続きます。今年は香港のオールウェザーホースがやってくるのか。管理するファウンズ師はラッキーナインの調教師。左回りをこなせるのか、でも、春は高松宮記念で香港馬が快勝した中京コース。この香港馬の参戦がチャンピオンズCを面白くしそうです。

 

※日刊スポーツ新聞社では「ジャパンカップ特集号(300円)」を発売していきます!どうぞ駅売店、コンビニ等でお求め下さい!(http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=1564910&year=2015&month=11&day=11)。今週はマイルCS(G1、芝1600メートル、22日=京都)。紙面では毎朝、松田直樹記者が「G1番記者」を連載中!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ