[2015年11月17日16時53分更新]

第48回「英愛ジャンプシーズンの主役、マリンズ師とウォルシュ騎手」

フラットシーズンからジャンプシーズンへ。レーシングポスト電子版を見ていて、今年もウィリー・マリンズ師(59)とルビー・ウォルシュ騎手(36)の名前を見ない日はありません。

フレミントン競馬場のパドックに向かうW・マリンズ師(左)とR・ウォルシュ騎手

フレミントン競馬場のパドックに向かうW・マリンズ師(左)とR・ウォルシュ騎手

メルボルンCの日はフレミントン競馬場に2人の姿がありました。マリンズ師は一昨年、メルボルンCで4着に入ったシメノンをジャパンCに出走させていて(13着)、今年はマックスダイナマイト(セン5、父グレイトジャーニー)をジャパンCに登録していました。メルボルンCのレース前、マックスダイナマイトの女性厩務員さんに「日本へ来る予定はあるのか」と聞くと、「マイト(かもしれない)、マイト(かもしれない)」と笑っていて…。

メルボルンCのレース後、ジャパンC参戦の可能性について語ったマリンズ師

メルボルンCのレース後、ジャパンC参戦の可能性について語ったマリンズ師

レースでは2着。マリンズ師は「この後の様子次第だけど、オーナーはブラックステアマウンテンのオーナーなんだ。覚えてるかな? 今日の結果なら行く可能性はあるよ」と…。かなり脈ありな感じだったんですが、結局参戦はありませんでした。

メルボルンCのパレードリングを歩くマックスダイナマイト

メルボルンCのパレードリングを歩くマックスダイナマイト

ルビー・ウォルシュは今年8月、オーストラリアのグランドナショナルに騎乗し、優勝したことが大きなニュースになりました。いつかまた日本にやってくることがあるのでしょうか。ブラックステアマウンテンは13年、来日初戦のペガサスジャンプSで9着に敗れ、中山グランドジャンプを快勝(8番人気、単勝26・4倍)。イギリス、アイルランドの障害レースの結果を見ていると、「こんなにバリバリのすごい人たちが狙ってきていたんだなあ」と今さらながらに思います。今年はジャンプレースをもっともっと注目していきたいと思ってます。

 

※日刊スポーツ新聞社では「ジャパンカップ特集号(300円)」を17日から発売していきます!どうぞ駅売店、コンビニ等でお求め下さい!(http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=1564910&year=2015&month=11&day=11)。今週はマイルCS(G1、芝1600メートル、22日=京都)。紙面では毎朝、松田直樹記者が「G1番記者」で有力馬をリポートしていきます!

【木南 友輔】