1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第46回「カルティエ賞欧州年度代表馬が決定」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2015年11月12日19時10分更新]

第46回「カルティエ賞欧州年度代表馬が決定」

欧州年度代表馬が10日に発表されました。年度代表馬はゴールデンホーン(牡3、J・ゴスデン、父ケープクロス)。フランキー・デットーリ騎乗で英ダービー、エクリプスS、愛チャンピオンS、凱旋門賞を制しました。通算成績は9戦7勝2着2回。英インターナショナルSでアラビアンクイーン、引退レースのBCターフでファウンド、同じ3歳、そして、牝馬に敗れた2戦がなければ完璧な競走成績でしたが、なかなかそれは難しい。

英ダービーの行われるエプソム競馬場。ゴールを目指す最後の直線ですが…、タフなコースなのがわかるでしょうか?

英ダービーの行われるエプソム競馬場。ゴールを目指す最後の直線ですが…、タフなコースなのがわかるでしょうか?

「ゴールデンホーン=デットーリ」のコンビを強く印象づけられていますが、英ダービーのステップレースだったダンテSでは1着ゴールデンホーンの鞍上がW・ビュイック、2着ジャックホブスの鞍上がデットーリでした。ダンテSの後にジャックホブスをゴドルフィンが購入。ゴドルフィンの主戦であるビュイックがジャックホブスに騎乗することになり、ゴールデンホーンの鞍上がデットーリになるという…。騎手と馬との巡り合わせ、競馬の妙を感じます。

昨年2月、カタールのドーハへ取材に行ったとき、J・ゴスデン調教師(左)と自分

昨年2月、カタールのドーハへ取材に行ったとき、J・ゴスデン調教師(左)と自分

カルティエ賞の部門別受賞馬とG1勝利

■最優秀2歳牡馬 エアフォースブルー(牡2、A・オブライエン、父ウォーフロント)フェニックスS、ヴィンセントオブライエン・ナショナルS、デューハーストS

■最優秀2歳牝馬 マインディング(牝2、A・オブライエン、父ガリレオ)モイグレアスタッドS、フィリーズマイル

■最優秀3歳牡馬 ゴールデンホーン(牡3、J・ゴスデン、父ケープクロス)英ダービー、エクリプスS、愛チャンピオンS、凱旋門賞

■最優秀3歳牝馬 レガティッシモ(牝3、D・ワチャマン、父ディンヒルダンサー)英1000ギニー、ナッソーS、メイトロンS

■最優秀スプリンター ムハーラー(牡3、C・ヒルズ、父オアシスドリーム)コモンウェルスC、ジュライC、モーリスドゲスト賞、英チャンピオンスプリント

■最優秀ステイヤー シンプルヴァース(牝3、R・ベケット、父デュークオブマーマレード)英セントレジャー、英チャンピオン・フィリー&メア

■最優秀古馬 ソロウ(セン5、F・ヘッド、父シングスピール)ドバイターフ、イスパーン賞、クイーンアンS、サセックスS、クイーンエリザベス2世S

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ