1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第38回「BCが終わって、天皇賞・秋の日に思ったのは…」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
更新
随時

[2015年11月1日22時43分更新]

第38回「BCが終わって、天皇賞・秋の日に思ったのは…」

秋の天皇賞はラブリーデイ(牡5、池江)が制しました。今年重賞6勝目。中山金杯を勝ったときにレコードタイムの快勝に驚きましたが、それにしてもすごい。宝塚記念を勝って陣営がBCターフ参戦を検討したのもなるほど。今朝のBCターフ、時計のかかる馬場でタフなレースになったようですが、「あそこにラブリーデイが出ていたら」と思うと…、どうでしょう。

社台スタリオンステーションにあるノーザンテーストの像です

社台スタリオンステーションにあるノーザンテーストの像です

アメリカに乗り込んで競馬することは簡単ではないし、コンディションの維持、鞍上の選択などさまざまな条件を乗り越えなければいけないけど…、日本のトップホースがBCに挑む姿をいつの日か、この目で見てみたいなあと思います。

こちらは社台スタリオンステーションにあるリアルシャダイの像です

こちらは社台スタリオンステーションにあるリアルシャダイの像です

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ