1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第32回「フリーイーグル、日本(ジャパンC)か香港でラストラン」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
更新
随時

[2015年10月24日00時30分更新]

第32回「フリーイーグル、日本(ジャパンC)か香港でラストラン」

今年、日本からスピルバーグ(牡6、藤沢和)が遠征したプリンスオブウェールズSの覇者、フリーイーグル(牡4、D・ウェルド、父ハイシャパラル)が来年からアイリッシュナショナルスタッドで種牡馬入りすること、種牡馬入りの前に日本か、香港で走ることがオーナーブリーダーのモイグレアスタッドから発表されました。23日、「At The Races」電子版がモイグレアスタッドの発表した内容を報じています。

フリーイーグル(写真は今年のプリンスオブウェールズSのレース前)

フリーイーグル(写真は今年のプリンスオブウェールズSのレース前)

プリンスオブウェールズSでG1制覇を果たした後は、愛チャンピオンSでゴールデンホーンと激戦の末に3着。続く凱旋門賞は6着でした。昨年は愛ダービー馬トレーディングレザーの悲劇があったけど、ぜひアイルランドから日本のジャパンC(G1、芝2400メートル、11月29日=東京)に参戦してほしいなあ。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ