1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第15回「電撃復帰!ライアン・ムーア!」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
更新
随時

[2015年9月26日17時29分更新]

第15回「電撃復帰!ライアン・ムーア!」

7月10日にニューマーケット競馬場で首を負傷し、今シーズン中の復帰が危ぶまれていた英国のライアン・ムーア騎手。

6月のロイヤルアスコット開催、2日目終了後にインタビューを受けるライアン・ムーア

6月のロイヤルアスコット開催、2日目終了後にインタビューを受けるライアン・ムーア

今月に入ってから昨年のメルボルンC覇者プロテクショニスト陣営が鞍上を空けて待っているという記事が出ていたのですが…、23日、朝の調教でマイケル・スタウト厩舎の馬に騎乗したことが大きく報じられました。その日の夜にレーシングポスト電子版に「金曜(25日)での復帰が準備されている」という記事が出て、24日朝、その日のニューマーケットでレースに騎乗することが決まるという…、まさに電撃復帰です。

 

24日、ニューマーケット競馬場での復帰騎乗は3着。そして、25日は3鞍に騎乗。G2のシャドウェルジョエルSをタイムテスト(牡3、R・チャールトン、父ドバウィ)、リステッド競走のサキー・ゴドルフィンSをカノックチェイス(牡4、M・スタウト、父レモンドロップキッド)で制し、いきなり2勝しています。

スピルバーグの出走したプリンスオブウェールズSで7着だったライアン・ムーア騎手とカノックチェイス

スピルバーグの出走したプリンスオブウェールズSで7着だったライアン・ムーア騎手とカノックチェイス

「At The Races」のホームページ上には「Moore’s road to recovery」というタイトルの動画があり、その中ではリハビリ中の様子、娘を乗せた馬を引くライアン、息子とサッカーをするライアン、ライアンを語る夫人、トレーニングするライアンを見ることができます。

 

残りのフラットシーズン、フランスの凱旋門賞、イギリスの英チャンピオンS、アメリカのブリーダーズカップ開催、オーストラリアのメルボルンC…、世界の大レースでその力強い手綱さばきに注目が集まります。

 

自分も秋競馬、予想の調子を上げていかないと…。週末の競馬予想にはぜひ「日刊スポーツ」を。駅売店、コンビニ等でお買い求めください。よろしくお願いします!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ