[2015年9月23日18時07分更新]

第13回「バラード、グロリアスソング…、名牝の血」

オーストラリアへ旅立つ前の安藤裕氏(http://p.nikkansports.com/goku-uma/guide/column/article.zpl?topic_id=10069)と食事をしていて、海外の競馬や血統の話をしているときに、新種牡馬ダノンシャンティの祖母グロリアスソングの話題が出ました。英国・ニューマーケットにあるダルハムホールスタッド内にはモハメド殿下やハヤ王妃の愛した馬たちのお墓があって、その中にはグロリアスソングのお墓があります。

英国・ニューマーケットのダルハムホールスタッド内にあるお墓

英国・ニューマーケットのダルハムホールスタッド内にあるお墓

グロリアスソングの子には96年のジャパンCを勝ったシングスピール、種牡馬ラーイ(ファンタスティックライトの父)、種牡馬グランドオペラ(メイセイオペラの父)、それからダノンシャンティの母シャンソネットがいます。グロリアスソングはヴィルシーナの祖母ハルーワソングの祖母でもあります…、と、自分はここまで。元ジョッキーの安藤さんの方はそれ以上に思い入れがあるようで…。

 

「僕はシングスピールのジャパンCが好きなんだ。それにカナダで乗っていたでしょ。グロリアスソングのお母さん、バラードだよ」。バラードが生んだのはグロリアスソングだけでなく、デヴィルズバッグ(タイキシャトルの父)、種牡馬セイントバラード、アンジェリックソング(ダノンバラードの祖母)など。歌に関係する名前がその血を持つ馬たちには多いですね。今年のセレクトセール、ノヴェリストの当歳馬をノヴェリストの現役時代のオーナーが買ったことが報じられました(http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&year=2015&month=07&day=15&id=1507295)が、この馬もバラードの血を引いています。

新種牡馬ダノンシャンティ(今年8月、社台スタリオンステーションにて)

新種牡馬ダノンシャンティ(今年8月、社台スタリオンステーションにて)

ちょっと早いですが、今週日曜中山の芙蓉Sは新種牡馬ダノンシャンティ産駒の◎ルノートル。デビュー前からこの馬はモノが違うと思ってます。

【木南 友輔】