1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第12回「ゴーランパークとフラン・ベリー」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2015年9月22日19時33分更新]

第12回「ゴーランパークとフラン・ベリー」

20日、アイルランドのゴーランパーク競馬場で牝馬限定の重賞競走デニーコーデル&ランウェイズスタッドS(Denny Cordell Lavarack & Lanwades Stud Fillies Stakes)が行われました。勝ったのは、ジャックネイラー(牝3、J・ハリントン、父シャンゼリゼ)で、鞍上は日本のファンにもおなじみ、フランシス・ベリー騎手です。

アイルランドにあるゴーランパーク競馬場の入り口

アイルランドにあるゴーランパーク競馬場の入り口

ゴーランパーク競馬場は初めてアイルランドに行った3年前、カラで愛ダービー、プリティーポリーSを見て、その翌々日の平日に競馬を見に行った競馬場。当時はレンタカーを借りなかったので、ダブリンからバスに乗って、キルケニーまで行って、キルケニーから競馬場へ向かう白いワゴン車に乗せてもらって…(※その日の晩はキルケニーの安宿に泊まって、パブでおいしいビールを浴びるように飲みました)。

 

小さなスタンドのある競馬場で右回りのコース。重い馬場を各馬がフゥフゥ言いながら上がってくるレース、ヨーロッパの大レースを勝つアイルランドのジョッキーたちが激しい追い比べをしているのを見て、自分はアイルランド競馬の大ファンになりました。

ゴーランパーク競馬場の直線。右奥がゴール地点、左側がスタンド

ゴーランパーク競馬場の直線。右奥がゴール地点、左側がスタンド

20日のレースが今年の重賞3勝目(中山金杯ラブリーデイ含む)。実績では決して目立つ存在ではありませんが、長い腕、ダイナミックなアクションで馬を動かすフラン・ベリーは大好きなジョッキー、予想のときに頼れるジョッキーの1人です。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ