1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 【日曜中山&阪神】木南の狙い【4月11日】

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2021年6月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
更新
随時

[2021年4月10日22時00分更新]

【日曜中山&阪神】木南の狙い【4月11日】

今週も日曜は中山→阪神の順。中山1Rから桜花賞、阪神12Rまで全力投球で頑張ります。

 


◆中山1R 中山1Rの予想はニッカンコムの記事で
◆中山2R 直線の内は荒れてきているが、まずまず走破時計は出ていて、スローで流れれば前が残る馬場。内枠で先行できるし、ここは牝馬限定戦で勝機十分だ。
◆中山3R デビュー前の調教の動きが良くて、新馬戦で◎を打ったが、13着。2戦目は15着でさらに着順を下げた。500キロちょいの迫力ある馬体で、お母さんは芝4勝の活躍馬。ブリンカーで稽古の動きに進境が見られており、一変を期待したい
◆中山4R 中山4Rの予想はニッカンコムの記事で
◆中山5R 前走連対馬が1頭。ここは4頭いる初出走馬の中から調教の動きが目立っている馬を狙う。母系はノーザンファームの血統でしっかりしている。
◆中山6R 全兄2頭がG1馬。その血統背景は世界が注目している。母はダート重賞ウイナーで、前走は鮮やかな勝利だった。関西から若手騎手が遠征してくるのだから、ここは勝負だ。
◆中山7R 久々だった前走は道中で力みっぱなし。課題も残ったが、前向きさが出たのは歓迎すべきところかも。ここを勝てば、まだオークスに間に合う。
◆中山8R 前走は中京遠征で大敗。過去の成績を見ても、直前に長距離輸送があって1泊する競馬では結果が出ていない。今回は中山。ルメールからの乗り替わりで人気を落としそうだが、2走前だけ走れば勝てるメンバー。反撃を期待する。
◆中山9R もうワンパンチ足りない成績。ここはさばきやすい9頭立て。最年長馬が豊富な経験で上位争いへ。
◆中山10R 出走レースの選択に悩んでいた前走は最後よく追い込んできた5着。結果は残念だったが、着実に調子が上がってきているのを確認できた。今回の距離延長は魅力十分。コース実績があるし、ゲート次第で前からでも後ろからでも運べる
◆中山11R 春雷Sは日刊スポーツの紙面にて
◆中山12R 土曜に待望の初勝利を挙げ、まわりが見えてくるころだろう。◎を打った馬は大敗が続く近況だが、脚抜きのいい馬場で追い込みが利かない展開が多かった。パサパサのダートでズドン

◆阪神1R 前走の直線の脚は目を引いた。ダート2戦目でこの相手ならまとめて差し切れる。
◆阪神2R 初出走馬が4頭。この時期はなかなか勝ち上がれない馬よりもイキのいい初出走馬が魅力。◎を打った馬はシニスターミニスター産駒。ダートの下級条件戦なら信頼できるベテラン騎手のさばきに期待したい。
◆阪神3R 期待した前走は最後の最後によく伸びてきたが、悔しい4着。良血馬が目覚めつつある状況。ジョッキーが継続騎乗のここで決めたい。
◆阪神4R 阪神の芝は高速馬場なので、先行できて、内を走れる馬、内枠の馬を狙う。近親のサウンドオブハート、カフェブリリアントはいずれも阪神芝1400メートルで重賞制覇。血統的にもこの舞台は絶好だ。
◆阪神5R 少頭数。ここは駆け引き抜きで先行したい。3キロ減を生かした競馬で。
◆阪神6R 新馬戦の内容から昇級初戦でも戦える印象があった前走。結果的には強気に乗りすぎてしまったのかも。今回は落ち着いて運べるはず。3戦連続で同じコース。大型馬なので上積みは大きい。
◆阪神7R 桜花賞と同じ舞台でどんな時計が記録されるのか。◎を打った馬は前走も前残りの高速馬場に泣いた馬。ここは外をまわさず、イン強襲で。
◆阪神8R やや頭打ちを思わせる成績だが、徐々に粘りは増してきている。10頭立てなら押し切りも十分。
◆阪神9R 忘れな草賞の予想は極ウマプレミアムのコラムで(https://p.nikkansports.com/goku-uma/guide/payment/)
◆阪神10R クラシックシーズンはトライアルで好走していた馬。脚部不安との戦いを克服し、昨秋から好勝負を意識できるようになってきた。ここは相手関係がだいぶ楽。ベテラン騎手がじっくり運んで直線で爆発させる。
◆阪神11R 桜花賞の予想は日刊スポーツの紙面で。

 ◆阪神12R 気性の難しさと能力の高さを併せ持った馬。この枠なら思い切った先行策ができる。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ