[2019年3月27日12時59分更新]

第780回「今週はドバイワールドカップ週①~ドバイワールドカップ出走馬分析!うーん、面白いレースになりそう」

まずはドバイ開催の序盤。ノースアメリカはマクトゥームチャレンジ・ラウンド1とラウンド2を連勝。前走は最後詰められているように見えますが…。2着ニュートレイルズもワールドカップに出走します。地元の利がどれだけあるか。

続いて、マクトゥームチャレンジ・ラウンド3。始動戦のサンダースノーが失速し、キャッペッザーノが突き放す。外を追い込んできたのが韓国調教馬ドルコン。昨年のコリアC2着馬が頑張ってます。4着がニュートレイルズ、5着がグロンコウスキー。グロンコウスキーは昨年のベルモントSでジャスティファイに食らい付きましたが、その後は微妙です。

昨年のBCクラシック。2着ガンナヴェラ、3着サンダースノー、4着ヨシダ、9着アクセルロッド、10着パヴェル。芝、ダート兼用のヨシダのすごさと、ロアリングライオンの大敗が…。

ペガサスワールドカップ。雨で煙ってて、何がなんだがわかりませんが、勝ったのはBCダートマイル覇者のシティオブライト、3着に敗れたのがBCクラシック覇者アクセラレイト。内を伸びて2着になるのがシーキングザソウル、外を走って5着なのがオーディブル。6着がガンナヴェラです。

6歳馬シーキングザソウルの近走の安定感はいいと思います。

4歳馬オーディブルは昨年のケンタッキーダービーでジャスティファイの3着。力は持ってます。

【木南 友輔】