1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第716回「カルティエ賞年度代表馬はロアリングライオン!オイシン・マーフィー騎手の来日がさらに楽しみに…」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
更新
随時

[2018年11月16日09時07分更新]

第716回「カルティエ賞年度代表馬はロアリングライオン!オイシン・マーフィー騎手の来日がさらに楽しみに…」

4つのG1勝ち。そのうち、2つのG1の2着がサクソンウォリアーなのですから、あくまで、あくまで仮定の話として、

ロアリングライオンというライバルがいなければ、サクソンウォリアーはG1・4勝馬だったわけで…。ロアリングライオンが素晴らしい馬なのはもちろんのこと。そして、サクソンウォリアーも素晴らしい馬だったということです。それにしてもすごいゴスデン厩舎。ロアリングライオンの主戦として、オイシン・マーフィーの来日も楽しみ。今週のマイルCS、キトゥンズジョイ産駒も気になってしまいます。

昨日、今日と栗東トレセンで取材をしていました。5月末に「英ダービーに行くこと」を伝えていた庄野師に「英ダービー行ってきましたよ」って報告を…。

凱旋門賞の前にもちょっとニューマーケット行ったことを伝え、英国競馬トークをしばし…。ニューマーケットのローリーマイルコースの直線、ごついゴスデン師、エネイブルはすごいよね、いつか行きたい、そんな会話を。来週のジャパンCへ向け、庄野師の送り出すスワーヴリチャードに注目です。注目しない人はいないですよね。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ