1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第702回「今夜はBC開催初日で2歳G1が4つ!ジュベナイルフィリーズターフのザマッケムビュレットに注目!」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
更新
随時

[2018年11月2日19時01分更新]

第702回「今夜はBC開催初日で2歳G1が4つ!ジュベナイルフィリーズターフのザマッケムビュレットに注目!」

一昨年、ブリーダーズカップを取材に行って、初日のメイン、ソングバード対ビホルダーのBCディスタフにしびれました。

無敗のソングバードが敗れた瞬間の熱狂。日本もJBCレディスクラシックという牝馬限定戦がありますが、

「こんなに熱い競馬が見られるなんて」と牝馬最強を決めるBCディスタフに感動したのを覚えています。

今年はこのBCディスタフが2日目へ。

BC開催初日に2歳戦を集中させることになっています。

リステッドのBCジュベナイルターフスプリントがあり、

BCジュベナイルフィリーズターフ(牝馬限定、芝1600メートル)、BCジュベナイルフィリーズ(牝馬限定、ダート1700メートル)、BCジュベナイルターフ(牡馬&セン馬限定、芝1600メートル)、BCジュベナイル(牡馬&セン馬限定、ダート1700メートル)のG1・4連発。

地元米国のスゲー奴を見つけるのも楽しみだし、欧州からの遠征馬の活躍も楽しみ。

日本のファンが要チェックしておきたいのは、BCジュベナイルターフに出てくるザマッケムビュレット。

吉田勝己氏が所有し、先日の英G1チェヴァリーパークSで2着惜敗した、あの馬です。

先月末のニューマーケット、吉田勝己氏本人はいませんでしたが、関係者が来ていて、メチャ喜んでいました。「次はアメリカかも」って言ってましたが…。

チェヴァリーパークSで2着に好走したザマッケムビュレット

父ソサエティロック、母の父トレードフェアー。ん、全然なじみがない血統。

そうなんですが、母の母の名前はリッチダンサー。母の母の父はホーリング。ピンときます。

バウンスシャッセやムーンクエイク、コントラチェックの近親です。いずれ日本に、ノーザンファームに繁殖牝馬としてやってきて、その子が日本で走るのかな、と想像できます。このレースにはチェヴァリーパークSの前日に見たジャストワンダフルも出てくるし、凱旋門賞の2日前にサンクルー競馬場で見たフランケル産駒イーストも出てくるので個人的に非常に楽しみです。

先月28日、ニューマーケット競馬場でロックフェルSを制したジャストワンダフル

サンクルーのトーマスバイロン賞を勝ったフランケル産駒のイースト

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ