[2018年11月2日08時01分更新]

第701回「今週はBC@チャーチルダウンズの馬場は?芝はエネイブル、砂はロアリングライオンのゴスデン厩舎」

現地の調教映像などを見ていると、馬場に向かう馬たちがぬかるんだ場所を歩いています。かなり雨が降ったんでしょうか。

先日、美浦トレセンで昨年英国修行を経験してきた若い助手さんと話していて、

「キングマンのジャケットを着ていたんだ」って自分が話すと、「ノーザンファームの帽子かぶっていたのが印象に残ってます」とその助手さん。

このインタビューも、よく見ると、帽子にはノーザンファームの刺しゅう。

ずっと日本に遠征してこない調教師ですが、当然、世界の競馬への意識はすごい人なのだと思います。

エネイブルは小回りへの対応、ロアリングライオンはいかにスタートを決め、キックバックを受けない競馬ができるのか。ワクワクします。

【木南 友輔】