1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第688回「BC開催@チャーチルダウンズの登録馬発表&香港国際競走の登録馬発表&天皇賞・秋の枠順確定」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2018年10月25日15時21分更新]

第688回「BC開催@チャーチルダウンズの登録馬発表&香港国際競走の登録馬発表&天皇賞・秋の枠順確定」

日本の馬が関係してくるのは香港国際競走。
ただ、競馬の面白さはどっちがどうってことはなく、どちらも楽しみです。
BC開催と香港国際競走。
BCクラシックは日本生まれのハーツクライ産駒ヨシダの名前がありますし、
吉田照哉代表率いる社台ファームが権利を所有して、おそらく日本で種牡馬入りするマインドユアビスケッツの名前がありますし、
先日はマイル戦のクイーンエリザベスSでG1・4連勝になった出否微妙なロアリングライオンの名前があって、
エイダン・オブライエン厩舎のUAEダービー馬メンデルスゾーンの名前があって、
ドバイワールドカップを圧勝したサンダースノーの名前があって…。
人気を集めているのは、本格化した5歳馬アクセラレート。G1を3連勝中。
バファート厩舎の遅れてきた大物的な3歳馬マッキンジー。
トラヴァーズSを圧勝したカトリックボーイ。
クラシックは見どころたくさんです。
BCターフは凱旋門賞連覇のエネイブルが登録。
無事に走って勝つのか、そして、その後も現役続行なのか。
昨年覇者タリスマニック、凱旋門賞は4着に終わったヴァルトガイスト、英チャンピオンS2着クリスタルオーシャンの逆襲は?
日本のJBC@京都もあるんで、来週は忙しいです。
天皇賞・秋の出走馬、枠順が確定しました。
内枠を引いたら思い切って狙おうと思っていたサクラアンプルールが外枠へ…、うーん…。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ