1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき 凱旋門賞
  4. ドナカを止めるのはどなたか?

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム 凱旋門賞

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2018年10月12日10時24分更新]

ドナカを止めるのはどなたか?

おそらくこの広い日本で凱旋門賞前日に「ドナカが騎乗するカプリが怖いぞ」なんて、

大きく記事を展開したスポーツ新聞は、わが日刊スポーツだけでしょう。

体重の問題もあって、凱旋門賞で3歳牝馬に乗るのが厳しいのもあったかもしれませんが、

ドナカを乗せる=馬の調子がいい、というのが自分の中の定説です。

レース後、自分のとこに「バリードイルはカプリが最先着じゃん!」と競馬関係者からメッセージが届きました。

29日のニューマーケット競馬場。

ライアン・ムーアがアメリカに乗りに行ったこの日はドナカ祭でした。

「カプリが怖い」。そう書かせるだけの迫力、勢いが、今のドナカ・オブライエン、

いや、今年5月末に見た英オークスのときからドナカにはありました。

まずはロイヤルロッジSのモホーク!2着がシドニーオペラハウス、3着がケープオブグッドホープ(昔日本に来た馬と同じ名前)でバリードイルのワンツースリー

チェヴァリーパークSのフェアリーランド。吉田勝己さんの勝負服の馬を破りました

ミドルパークSは手応えが全然違ったテンソヴリンズ

ハットトリック!奥にはエイダンの姿が…

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき 凱旋門賞」過去の記事

一覧へ