1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第295回「今夜ナッソーSにマインディング登場!米はベルモントS組登場!シーキングザゴールド死す」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
更新
随時

[2016年7月30日21時13分更新]

第295回「今夜ナッソーSにマインディング登場!米はベルモントS組登場!シーキングザゴールド死す」

今夜は英国でグロリアスグッドウッド開催の5日目、最終日です。牝馬限定のG1、ナッソーS(G1、芝2000メートル、30日=グッドウッド)にマインディング(牝3、A・オブライエン、父ガリレオ)が登場します。5頭立てになりそうです。

マインディングの前に立ちはだかるのは4頭。まずは、ゴドルフィンビューティフルロマンス(牝4、S・ビンスルール、父ニューアプローチ)。昨年はヴェルメイユ賞5着、英チャンピオンズ・フィリー&メア3着、今年は5月にヨークのG2ミドルトンSを制してから前走ハードウィックSはダートマスハイランドリールから遅れた5着でした。

フランスから参戦するのがアルシャカブレーシング所有、グレゴリー・ブノワ騎手騎乗のジュメイエル・Jemayel(牝3、J・ルジェ、父ロペデヴァガ)。G1サンタラリ賞を制し、前走仏オークスは9着に敗れています(http://guw.nikkansports.com/?p=2070&type=free)。

仏オークス8着でゴスデン厩舎、デットーリ騎乗のスイスレンジ(牝3、J・ゴスデン、父ザミンダー)。最も格が落ちるのはクイーンズトラスト(牝3、M・スタウト、父ダンシリ)。鞍上はニュージーランドの天才、絶好調のジェームズ・マクドナルド騎手です。この5頭立てでマインディングライアン・ムーア騎手がどんな競馬を見せるのか。

アメリカでも週末に見逃せないレースがたくさん。ベルモントSを制したクリエイター2着ディスティン強豪モヘイメンが激突するジムダンディS(G2、ダート1800メートル、30日=サラトガ)があって、31日にはケンタッキーダービー馬ナイキストプリークネスS覇者エグザジャレイターが激突するハスケル招待(G1、ダート1800メートル、31日=モンマスパーク)。アメリカの夏競馬は熱いッ、取材に行きたい!

ドバウィ(昨年、ダルハムホールスタッドにて)

ドバウィ(昨年、ダルハムホールスタッドにて)

それから、ブラッドホース電子版は種牡馬シーキングザゴールド死亡のニュースを伝えています。31歳。日本ではシーキングザパールマイネルラヴなどが活躍。ドバイミレニアム、その子で現在の欧州で欠かせないドバウィを通じて、世界中に血が広がっています。

昨夏、JRA宮崎育成牧場で会ったシンコペーションの14、明日の小倉5Rでデビューします!

昨夏、JRA宮崎育成牧場で会ったシンコペーションの14、明日の小倉5Rでデビューします!

※明日も日刊スポーツで競馬を楽しんで下さい!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ