[2016年7月28日19時16分更新]

第293回「サセックスSはザグルカがリベンジV!札幌のソウルスターリング、9月のソウルも気になる」

27日、英国で行われたサセックスS(G1、芝1600メートル、グッドウッド、出走10頭)はライアン・ムーア騎乗のザグルカ(牡3、A・オブライエン、父ガリレオ)が制しました。勝ちタイムは1分37秒35。仏2000ギニーに続くG1・2勝目。4月にデビューし、未勝利戦3着、未勝利戦1着(9馬身差)、仏2000ギニー1着、セントジェームズパレスS2着、エクリプスS2着ときて、今年6戦目でした。

大種牡馬ガリレオ(13年9月、アイルランドのクールモアスタッドにて)

大種牡馬ガリレオ(13年9月、アイルランドのクールモアスタッドにて)

ゴール前は先に抜け出していた内ガリレオゴールド、ものすごい脚で伸びてきた外リブチェスターとの接戦。首差2着がガリレオゴールド、3着がリブチェスターでした。3歳馬のワンツースリー。愛2000ギニー覇者オウタードは8着に敗れています。エイダン・オブライエン師サセックスS5勝目。欧州マイル路線の主役に浮上したザグルカについて、レーシングポスト電子版は「フランスのマイル戦やチャンピオンS、英インターナショナルSなどいろいろな選択肢がある」という師の言葉を伝えています。

レスター競馬場では新たなフランケル産駒セネター(牡2、R・フェイヒー、父フランケル)がメイドン競走(芝1200メートル)でデビュー。見事に勝利しています。レーシングポスト電子版の記事で書かれている数字ではこれまでに10頭がデビュー(※日本のライズイーグルをのぞく)で8頭が勝ち上がっていて、通算18戦10勝。

今日、今週末の中央競馬の出走馬が確定しましたが、英仏の勢いに続けるのか、ソウルスターリング(牝2、藤沢和、父フランケル)。今日の追い切りはオークス2着馬チェッキーノに先着という絶好の動きだったようです。日曜札幌5Rは見逃せません(http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=1685732&year=2016&month=7&day=28)(http://p.nikkansports.com/goku-uma/guide/shinba/2016/article.zpl?topic_id=10077&id=1685766&mode=past&year=2016&month=7&day=28)。

今朝の美浦は強烈な暑さ。梅雨明けで強烈な日光が…。今週から新潟開催。この夏、秋、冬、来年の大舞台が楽しみになるような馬たちの登場を期待して、取材しています。調教が終わってから、閑散とした美浦トレセン南スタンド小島茂師記者仲間と昨日、美浦トレセン近くの神社へ行った話で盛り上がりました。小島茂師、神社に行かれることも多いそうで、面白い話をたくさんしてくれました。今週は何といっても、土曜10Rのアストラエンブレム復帰戦に注目ですね。

トレセンの調教師席の貼り紙で自分がいつも気にしているのが、海外競馬の登録。メルボルンCなどのオーストラリア諸競走、それからブリーダーズカップ諸競走に加えて、今年は創設されたばかりのコリアカップコリアスプリントのものも(http://www.jairs.jp/contents/regist/2016/0630.html)。

すでに社台レースホース所有のロワジャルダンコリアカップグレープブランデーコリアスプリントへの予備登録を済ませていることがクラブのホームページで発表されていますが、他にもいるのかな。夕方の投票所で何人かの調教師、助手さんたちとそんな会話をしました。今後、登録してくる陣営が出てくるかもしれません。

神社へ行った帰りに国道沿いの食堂で食べた霞(かすみ)天丼(霞ケ浦で育ったナマズのてんぷら入り)。おいしかったです

神社へ行った帰りに国道沿いの食堂で食べた霞(かすみ)天丼(霞ケ浦で育ったナマズのてんぷら入り)。おいしかったです

※今週末の競馬もぜひ日刊スポーツを手に競馬場へ!駅売店、コンビニで好評発売中です!どうぞよろしくお願いします!

【木南 友輔】