1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第264回「昨年の皐月賞&ダービー馬ドゥラメンテ引退。今週は日本でフランケル産駒がデビュー予定」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
更新
随時

[2016年6月29日21時21分更新]

第264回「昨年の皐月賞&ダービー馬ドゥラメンテ引退。今週は日本でフランケル産駒がデビュー予定」

ドゥラメンテの引退が発表されました。ファンやオーナー、牧場関係者からも凱旋門賞制覇を期待されてきた馬でした。馬が無事にレースに出走し、走りきることがいかに難しいかをあらためて考えます。

宝塚記念2週前追いを終え、厩舎に引き上げるドゥラメンテ

宝塚記念2週前追いを終え、厩舎に引き上げるドゥラメンテ

大井では帝王賞。古馬の強豪が集結し、勝ったのは千両役者武豊騎手とコパノリッキー。強い。かしわ記念の後は秋にブリーダーズカップ遠征を視野に入れているということでしたが、BC開催に行くのか、行く場合はどのレースを走るのか、今後の動向に注目ですね。

今朝の日刊スポーツの紙面上では今週デビュー予定、関西馬のフランケル産駒ライズイーグルについて報じています。栗東での評判がいいようで、楽しみです。自分は今週は美浦トレセンで取材。先週は東京の新馬戦で新種牡馬のアイルハヴアナザー産駒、同じくリーチザクラウン産駒が勝ちました。2歳馬取材も頑張ります。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ