1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第263回「今週末の展望。土曜に英国でコーラルエクリプスS、日曜にフランスでサンクルー大賞」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2016年6月28日15時32分更新]

第263回「今週末の展望。土曜に英国でコーラルエクリプスS、日曜にフランスでサンクルー大賞」

海外馬券の発売がJRAから発表されました。スタートは凱旋門賞! 今朝の日刊スポーツ紙面ではどこよりもくわしく情報を載せています。想定の出走箱、予想オッズ、記者の予想印などなど。今朝の紙面に載った18頭から本番までに消える馬、新たに出てくる馬がいるのを気にしながら、一緒に凱旋門賞まで楽しんでもらえれば…。

今朝の日刊スポーツ

今朝の日刊スポーツ

今週末はさっそく、凱旋門賞につながる可能性のあるエクリプスS(G1、芝2000メートル、2日=サンダウン)、サンクルー大賞(G1、芝2400メートル、3日=サンクルー)が行われます。

09年のシーザスターズ、昨年のゴールデンホーン英ダービーを勝ってから、このエクリプスSを勝って、秋には凱旋門賞を制しています。3歳馬と古馬が激突し、2000メートル(10ハロン)がベストの馬とそれ以外の馬が激突…、見逃せない戦いです。

今年は、仏2000ギニー覇者で前走セントジェームズパレスS2着のザグルカ・The Gurkha(牡3、A・オブライエン、父ガリレオ)、エイシンヒカリが挑んだプリンスオブウェールズSで豪快な大外一気を決めたマイドリームボート(牡4、C・コックス、父ロードシャナキル)、馬場状態を理由に有力視されていたプリンスオブウェールズSを回避したタイムテスト(牡4、R・チャールトン、父ドバウィ)などが出走予定です。サンクルー大賞の方は「パリチュルフ」紙の出走表を見ていると、現在23頭です。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ