1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第248回「日本馬ラニ&武豊騎手が今日(日本時間の日曜早朝)、米3冠最終戦ベルモントSに挑戦!」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
更新
随時

[2016年6月11日19時45分更新]

第248回「日本馬ラニ&武豊騎手が今日(日本時間の日曜早朝)、米3冠最終戦ベルモントSに挑戦!」

いよいよ、この日がやってきましたラニ(牡3、松永幹)がベルモントS(G1、ダート2400メートル、ベルモントパーク)に挑みます。会社の先輩にはカジノドライヴのベルモントS挑戦を取材に行った人がいて、いつもうらやましく思っています。ベルモントはどんな空気、光景なんだろう。

ニューヨーク!(ベルモントパーク競馬場があります。写真は05年)

ニューヨーク!(ベルモントパーク競馬場があります。写真は05年)

ケンタッキーダービーの前には「マイオールドケンタッキーホーム」を歌いますが、ベルモントSの前には「ニューヨークニューヨーク」が流れます。「テッテッテテテ、テッテッテテテ、テッテッテテテッテ!」という伴奏で始まる有名な歌です。あー、行ってみたいー。

今回の遠征、自分が最初に耳にはさんだのは、昨年の9月でした。土曜日の競馬が終わって、競馬場からの帰りに知り合いの事情通と食事をしていたら、「明日、デビューするヘヴンリーロマンスの子」「あー、タピット産駒の」「そうそう」「ラニですね」「ラニは来年のケンタッキーダービーに挑戦するって話だよ」「マジすか?」「マジだよ」と。

急いで在阪の日刊スポーツ記者へ連絡。翌日の阪神競馬場で新馬戦に出るラニ。勝ったらレース後にオーナー関係者厩舎関係者に確認してもらわないと、と思いましたが、翌日、芝2000メートルの新馬戦ラニは大きく離された4着。ちょっと拍子抜けしたのが正直なところ。そのときはまさか、こんな日が来るとは…。

武豊騎手(キズナで制した13年ニエル賞)

武豊騎手(キズナで制した13年ニエル賞)

フェブラリーSの週、「僕もケンタッキーダービーに乗りたい。そのためにまずは今週(ヒヤシンスS)だね」と話してくれた武豊騎手。ヒヤシンスSで敗れた後も陣営はあきらめず、UAEダービーの招待を待ち続けました。UAEダービー参戦が決まったとき、確認の電話を田中敬太レーシングマネジャーにしたら、「これでケンタッキーダービーへの道がつながりました」と興奮気味に伝えてくれました。

田中敬太レーシングマネジャー(左、昨年3月のドバイにて)。胸にはニューヨークの文字

田中敬太レーシングマネジャー(左、昨年3月のドバイにて)。胸にはニューヨークの文字

ポイント獲得のためにUAEダービー好走が絶対条件でしたが、見事に勝利。陣営は、デビュー前から意識していたケンタッキーダービーへ本当に出走を果たしました。プリークネスS、そして、ベルモントS。芝の競馬が行われている欧州ばかりを見がちな日本の競馬ですが、アメリカへ、ダート競馬の最高峰への挑戦も可能なのだと証明してくれました。

無事に…、できれば先頭でベルモントSのゴールを駆け抜けてほしいと思います。ラニ、武豊騎手、関係者のみなさん、頑張って下さい!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ