1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第238回「ペーパーオーナーゲーム(POG)ドラフト会議のシーズンに突入です。安田記念は少頭数で…」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
更新
随時

[2016年6月1日22時40分更新]

第238回「ペーパーオーナーゲーム(POG)ドラフト会議のシーズンに突入です。安田記念は少頭数で…」

ダービーの日、知り合いの記者数人は「今夜、POGのドラフトなんだ」と行って競馬場から旅立っていきました。ダービーからダービーへ。来年のクラシックホースがどの馬になるのか。今朝の日刊スポーツでも今週デビューの有力馬や松田直樹記者の牡馬牝馬のクラシック番付を掲載しています。

安田記念でモーリスに騎乗予定のトミー・ベリー(4月末の美浦にて)

安田記念でモーリスに騎乗予定のトミー・ベリー(4月末の美浦にて)

今週の安田記念、1週前の登録で16頭。そこから回避馬が出て、12、13頭程度になりそう。先日の東京競馬場でも「やっぱりみんなモーリスを避けているのかな」という声を聞きましたが…。

18頭あるいは17頭で行われてきた近年の安田記念。直近で少頭数だったのは99年、エアジハードが勝った年の14頭でした。このときは単勝1・3倍の断然人気グラスワンダーが2着に敗れています(※グラスワンダーはモーリスの父スクリーンヒーローの父です)。

12頭立てになると、ニッポーテイオーが勝った88年以来になります。どうなるのかなあ。明日は東京競馬場モーリス香港馬コンテントメントを取材してきます。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ