1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第230回「今夜はイスパーン賞!日本のエイシンヒカリが欧州の大レースで先頭を走ります!頑張れ~」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2016年5月24日18時33分更新]

第230回「今夜はイスパーン賞!日本のエイシンヒカリが欧州の大レースで先頭を走ります!頑張れ~」

今夜はフランスでイスパーン賞(G1、芝1800メートル、24日=シャンティイ)。いよいよ、ディープインパクト産駒の快速馬エイシンヒカリ(牡5、坂口)が欧州デビューです(http://www.jra.go.jp/news/201605/052207.html)。

メゾンラフィット競馬場のスタンドに飾ってあった写真。ペリエと一緒に武豊騎手が写っていました(11年秋)

メゾンラフィット競馬場のスタンドに飾ってあった写真。ペリエと一緒に武豊騎手が写っていました(11年秋)

9頭立て。馬場状態がかなり悪そうですが、どんな競馬を見せてくれるのでしょうか。自分は今日も栗東トレセンでダービー出走馬を中心に取材。夜はテレビの前でエイシンヒカリを応援しようと思います。自分の予想もここで簡単に…。

まずは、奥野さんの解説をみなさん、参考にしていただいて…(http://p.nikkansports.com/goku-uma/guide/world/column_article.zpl?topic_id=10072)。

自分は、昨秋に来日し、古馬になってからの飛躍を期待できそうだった◎イラプトを狙います。若く、かなりデキル人という印象だったグラファール師日本馬が海外遠征後に飛躍するのを期待するように、日本遠征を経験したフランス馬の活躍も期待していいと思います。距離は短いかもしれませんが、流れに乗って運べれば。

昨秋のジャパンCは0秒3差6着だったイラプト

昨秋のジャパンCは0秒3差6着だったイラプト

凱旋門賞候補○ニューベイを対抗にして、ドバウィ産駒の4歳馬2頭のワンツーに期待。▲エイシンヒカリは早めにフランス入りし、調整も順調だと思いますが、タフな馬場でどこまで粘れるか。ガリレオ産駒でBCマイル2着☆モンディアリスト、距離不足からもしれませんが、スミヨン騎乗の△ダリヤンを連下候補という感じで…。

※今週は競馬の祭典、ダービー(G1、芝2400メートル、5月29日=東京)。自分が「G1番記者」を紙面で連載中!「G1哲三塾」も大好評です!ぜひ、日刊スポーツの充実した競馬面を楽しんで下さい!駅売店、コンビニで発売しています!どうぞよろしくお願いします!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ