1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第223回「ヌーヴォ米遠征プラン!英オークス候補ソーミダー回避へ。独2000ギニーもライアン・ムーア」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
更新
随時

[2016年5月17日20時37分更新]

第223回「ヌーヴォ米遠征プラン!英オークス候補ソーミダー回避へ。独2000ギニーもライアン・ムーア」

取材は地道に(写真はイメージです)

取材は地道に(写真はイメージです)

まずは今朝、日刊スポーツにだけ掲載されたこのニュースから(http://p.nikkansports.com/goku-uma/guide/world/news_article.zpl?topic_id=1&id=1648547&year=2016&month=5&day=17)。楽しみですね。香港のクイーンエリザベス2世Cは2着以下はほぼ差のない競馬。ヌーヴォレコルトはあの馬場ですごく頑張ったと思いますし、脚質的にも小回りの芝コースで非常に楽しみな挑戦になります。安藤さんも書いています(http://p.nikkansports.com/goku-uma/guide/column/article.zpl?topic_id=10069)が、歴史の扉を開く勝利を期待したいですね。日本ではG1のない週なので自分もスケジュールの都合がつけば…。

ピンクです(写真は海外で撮らせてもらったお姉さん)

ピンクです(写真は海外で撮らせてもらったお姉さん)

英国からは残念なニュースです。ムシドラSで3戦無敗となり、英オークスの2番人気になっていた名牝ダーレミの娘、ソーミダー(牝3、J・ゴスデン、父ドバウィ)が英オークスを回避することになりました。月曜日にゴスデン師が明らかにしたとレーシングポスト電子版が報じています。全治10日程度の非常に軽いケガのようなのですぐに復帰できるといいのですが…。

フランスではサンタラリ賞(G1、芝2000メートル、16日=ドーヴイル、出走9頭)が行われました。仏1000ギニーよりも長い距離で行われる3歳牝馬のG1レースです。勝ったのはジュメイエル・Jemayel(牝3、J・ルジェ、父ロペデヴァガ)。仏1000ギニー馬ラクレソニエーレと同じルジェ厩舎です。鞍上はグレゴリー・ブノワ騎手で勝ちタイムは2分7秒93。

ドイツのケルン競馬場では独2000ギニー(G2、芝1600メートル、16日、出走10頭)。勝ったのは英国調教馬のナイフエッジ(牡3、M・ボッティ、父ゾファニー)で勝ちタイムは1分34秒33。クールモアの所有馬で鞍上はクールモアの主戦ライアン・ムーアでした。次走はオーナー次第ということですが、セントジェームズパレスSが候補になっています。

さて、今日は家事手伝いでお休みをいただいていて、今、栗東に向かっています。東海道新幹線です。さっき、すでに美浦入りしている高木記者に電話したところ、「今日は雨がすごくて、取材大変だったよお」と。

男はストレイト(写真は高木記者)

男はストレイト(写真は高木記者)

すでに呂律がまわっていない状態。「うふふ、飲み会なんだよお。まあまあ、先週(ヴィクトリアM)ぼちぼちね。そんなにもうかっていないけどね」。さすが、○ストレイトガールミッキークイーンショウナンパンドラでがっぽりの本紙高木記者。「栗田さんも一緒だよ、えへへへ」とのことでした。

NHKマイルC◎ロードクエスト、ヴィクトリアM◎ミッキークイーンの栗田記者

NHKマイルC◎ロードクエスト、ヴィクトリアM◎ミッキークイーンの栗田記者

※今週は3歳女王を決めるオークス(G1、芝2400メートル、5月22日=東京)。松田直樹記者の「G1番記者」や大好評「G1哲三塾」など日刊スポーツの充実した競馬面を楽しんで下さい。駅売店、コンビニで発売しています。どうぞよろしくお願いします!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ