1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第221回「ロッキンジSの結果。アメリカではピーターパンS。2冠目、3冠目を目標に前哨戦がスタート!」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
更新
随時

[2016年5月16日13時04分更新]

第221回「ロッキンジSの結果。アメリカではピーターパンS。2冠目、3冠目を目標に前哨戦がスタート!」

14日、ニューベリー競馬場で行われたロッキンジS(G1、芝1600メートル、出走12頭)はベラルド(牡4、R・ヴァリアン、父ロペデヴェガ)が制しました。A・アッゼニ騎乗で勝ちタイム1分38秒18。14年のデューハーストSに続くG1・2勝目です。昨年はクイーンエリザベス2世Sでソロウの2着という実力馬ですから、今年の活躍が楽しみですね。

2着にはライアン・ムーア騎乗のユーロシャーリーン(牝5、M・ボッティ、父マイボーイチャーリー)が入っています。前走はドバイターフでリアルスティールの2着。ドバイターフのレベルが低くなかった証明になったと思います(http://jra.jp/news/201603/032702.html)。

今日のヴィクトリアマイル、うーん、個人的には悔しい結果。まだまだ勉強が足りません。来週のオークス、再来週のダービー、全力を尽くします!

来週は米3冠競走2戦目、プリークネスSもあります。ベルモントSもすぐそこ。ロードトゥケンタッキーダービーが終わって、残り2冠はどのような馬たちがのし上がってくるのか。14日、ベルモントSが行われるベルモントパーク競馬場ではピーターパンS(G2、ダート1800メートル)が行われました。勝ったのはユニファイド(牡3、J・ジェルケンス、父キャンディライド)。勝ちタイムは1分47秒14でした。

カジノドライヴ(昨年社台スタリオンステーションにて)

カジノドライヴ(昨年社台スタリオンステーションにて)

ピーターパンS。08年にカジノドライヴが勝ったレースです!来週のオークス、カジノドライヴでアメリカに挑戦した藤沢和厩舎が主役になれるのか、楽しみです!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ