1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第197回「香港ではQE2の枠順が決定。英国ではいよいよクラシックの足音が近づいてきました」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2016年4月21日20時00分更新]

第197回「香港ではQE2の枠順が決定。英国ではいよいよクラシックの足音が近づいてきました」

今朝は美浦トレセンで取材。まずは午前3時起きでモーリスの国内最終追いをじっくりチェック。それから、週末の予想につながってくる取材を関係者に…。今週は国内でG1がないので、来週の天皇賞・春へ向け、リフレッシュしていい予想ができそうな気がしてます。

21日朝、馬場から引きあげてきたモーリス

21日朝、馬場から引きあげてきたモーリス

午後は美浦トレセンにある出馬投票所で取材。オークストライアルのフローラSは狙っていたコルコバードがまさかの除外。フラワーCで除外になってから放牧へ出て、牧場から戻ってきてから木村厩舎が一生懸命に馬の調整をしてきたのですが、残念…。夕方、アウェイクアグレアーブルが抽選を突破した斎藤誠厩舎に行ってきたのですが、ヌーヴォレコルトが香港へ遠征していて、スタッフも2人現地に行っているので、こちらも忙しそうでした。各陣営、日曜の天気も気にしていましたね。開幕週ですが、道悪の競馬になる可能性も少しありそうで…。

さて、香港では今日、クイーンエリザベス2世Cの枠順抽選がありました。枠順はラブリーデイが最内の1番、ヌーヴォレコルトサトノクラウンもまずまずの場所じゃないかなと思いますが、どうでしょうか(http://www.jra.go.jp/news/201604/042106.html)。

英国では20日、エプソム競馬場ダービートライアル(条件戦、芝約2000メートル、出走7頭)というレースが行われ、ソーミダー・So Mi Dar(牝3、J・ゴスデン、父ドバウィ)という馬が勝ちました。勝ちタイムは2分18秒97で鞍上はランフランコ・デットーリ。デビューから2戦2勝で英オークス候補に浮上してきたこの馬の母はダーレミ。08年のヴェルメイユ賞ではルメールが騎乗してザルカヴァの2着。09年の愛プリティーポリーS、ヨークシャーオークスを制し、10年のドバイシーマクラシックではブエナビスタを破った馬です。

また、レーシングポスト電子版によると、英2000ギニー(G1、芝直線1600メートル、30日=ニューマーケット)の前売りでエアフォースブルーに次ぐ2番人気だったゴドルフィンのエモーションレス(牡3、C・アップルビー、父シャマーダル)が回避とのこと。英国のクラシック初戦、英2000ギニーは来週土曜の30日、牝馬の英1000ギニーは日曜の5月1日。グングン近づいてきました。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ