1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第169回「大注目のフロリダダービーはナイキスト快勝!モハイメンとの無敗馬対決を制す!」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
更新
随時

[2016年4月3日17時42分更新]

第169回「大注目のフロリダダービーはナイキスト快勝!モハイメンとの無敗馬対決を制す!」

ラニ参戦で楽しみなケンタッキーダービー戦線。大事なステップレース、フロリダダービー(G1、ダート1800メートル、2日=ガルフストリームパーク、出走10頭)が行われました。ナイキストモハイメン注目の無敗馬対決。制したのは昨年のBCジュベナイル覇者ナイキスト(牡3、D・オニール、父アンクルモー)でした。M・グティエレス騎手騎乗で勝ちタイムは1分49秒11。

今日の中山の芝は前日の雨の影響が…(写真は海外で撮ったお姉さんたち)

今日の中山の芝は前日の雨の影響が…(写真は海外で撮ったお姉さんたち)

4番枠からスタートしたナイキストが好ダッシュでハナへ。一方のモハイメン(牡3、K・マクローリン、父タピット)は外から2番目の9番枠からスタート。外4番手というポジションになりました。ゆっくりと進んでいたレースは4コーナーで逃げるナイキストに外からモハイメンが並びかけ、マッチレースの雰囲気に。直線を向き、馬場の真ん中に出したナイキストは力強く伸びます。終始外を走らされたのが影響したのか、いっぱいになってしまったモハイメンは失速し、内と外からかわされて4着。はっきりと明暗が分かれました。ナイキストから3馬身4分の1遅れた2着がインを突いたマヘスト(牡3、G・デルガド、父ティズナウ)。3着は後方から外を追い上げたフェローシップ(牡3、S・ゴールド、父オーサムオブコース)でした。

同じ2日にもう一つ、ケンタッキーダービーのポイント対象レースがありました。1着50ポイント、2着20ポイント、3着10ポイント、4着5ポイントのスパイラルS(G3、AW1800メートル、2日=ターフウェイパーク、出走12頭)。ターフウェイパーク競馬場はケンタッキー州の右上の方にあるみたいです。こちらは人気薄のオスカーノミネーテッド(牡3、M・メーカー、父キトゥンズジョイ)がゴール前の大激戦を制しました。鞍上はB・ヘルナンデスジュニアで勝ちタイムは1分51秒12。

ブラッドホース電子版の記事によると、このオスカーノミネーテッドは米3冠競走の出走に必要な登録を行っていなかったのですが、この勝利でポイントを獲得し、20万ドルの追加登録料を払って、ケンタッキーダービー(G1、ダート2000メートル、5月7日=チャーチルダウンズ)に向かうとのこと。

アンビシャス(昨年ラジオNIKKEI賞のレース後)

アンビシャス(昨年ラジオNIKKEI賞のレース後)

今日は中山競馬場で取材でした。藤田菜七子騎手は残念ながら勝てませんでしたが、ニュージーランドの結果(https://www.nzracing.co.nz/Home.aspx)を見たら、2日のレースでリサ・オールプレス騎手、今シーズンG1・3勝目(COURTESY FORD MANAWATU SIRES’ PRODUCE STAKESLunaRossaに騎乗)。すごいですね。ダービー卿CTも大阪杯も予想は悔しい結果に…。大阪杯の◎ヌーヴォレコルトは6着(今日、香港ではクイーンエリザベス2世Cに出走予定のデザインズオンロームG2チェアマンズトロフィーに出走して3着でした)。自分の予想を反省、反省、また反省です。

昨年宝塚記念前日の阪神競馬場。桜花賞の日が楽しみです。

昨年宝塚記念前日の阪神競馬場。桜花賞の日が楽しみです。

来週、日本は桜花賞(G1、芝1600メートル、9日=阪神)。今年は初めて生で見ることができるので本当に楽しみ。昨年は◎レッツゴードンキでいい思いができました。取材も予想も頑張ります!

※来週はクラシック第1弾の桜花賞!日刊スポーツで1週間、競馬を楽しんで下さい!駅売店、コンビニで毎朝発売中です!どうぞよろしくお願いします!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ