[2016年3月28日14時20分更新]

第162回「ドバイワールドカップデー終了!お疲れさまでした!」

昨晩(26日)はドバイワールドカップデー。インターネットで各国メディアの速報を見ながら、各レースを観戦しました。自分が予想の印を打ったレースは日刊スポーツの紙面を手に…。「ヨシッ」となるレースもあれば、「あちゃー」というレースも。昨年の自分を思い出しながら、現場の空気はどんな感じなのかな、と思いながら見ていました。

武豊騎手(キズナで制した13年ニエル賞)

武豊騎手(キズナで制した13年ニエル賞)

フェブラリーSの週に栗東トレセンで武豊騎手と話して、「今週(ヒヤシンスS)とドバイ(UAEダービー)、なんとかしたいね」という熱い言葉を聞いていました。少頭数で何とか2位以内と願っていたのですが、天才武豊、さすがでした。ラニのUAEダービー制覇。次の目標、ケンタッキーダービー挑戦、なんとか現地に行けないかと思っています。

矢作厩舎の活躍馬グランプリボス(ラストランの14年香港マイルにて)

矢作厩舎の活躍馬グランプリボス(ラストランの14年香港マイルにて)

ドバイターフを制したリアルスティール、強い競馬でした。世界に挑み続けた矢作厩舎です。矢作先生は多くの新聞記者に慕われる方。日刊スポーツの先輩記者もずっと懇意にしている人がいて、自分もそのおかげで取材対応を快くしていただいています。オーストラリアでホースマンとして修行した方であり、調教師としては香港国際競走ドバイミーティングダービー馬で挑んだアスコットのキングジョージメルボルン、そして、ロイヤルアスコット。競馬の世界で大きな夢を見せてくれる方です。今年初年度産駒がデビューする史上最強馬フランケルと日本で唯一戦った経験を持つ厩舎です。本当におめでとうございます。

今年1月、美浦に戻ってきたドゥラメンテ。中山記念もドバイも頑張りました

今年1月、美浦に戻ってきたドゥラメンテ。中山記念もドバイも頑張りました

ドゥラメンテドバイシーマクラシックも見せ場十分の2着。さまざまな重圧の中で出した結果だと思うし、ラストインパクトの3着、ワンアンドオンリーの5着もそれぞれ立派だと思います。ドバイワールドカップホッコータルマエ、結果は悔しいものだったかもしれませんが、3年連続の挑戦であり、これでもかと参戦してくるアメリカのトップホース相手に見事に走ったと思います。ドバイゴールドカップネオブラックダイヤアルクォーツスプリントベルカントUAEダービーユウチェンジオンザロックス馬も人もみな無事に日本へ帰ってきてほしいと思います本当にお疲れさまでした!各レースの分析はまた後日に…。

天皇賞・秋、有馬記念、中山記念で◎を打ったラストインパクト(写真は昨秋)

天皇賞・秋、有馬記念、中山記念で◎を打ったラストインパクト(写真は昨秋)

今日の高松宮記念衝撃のレコード決着。狙った◎エイシンブルズアイ石橋騎手とよく追い込んできたと思うのですが…。悔しい。☆ビッグアーサー、強かったですね。猛省です。

昨年スプリンターズSの週に栗東で見て惚れ惚れしたビッグアーサー

昨年スプリンターズSの週に栗東で見て惚れ惚れしたビッグアーサー

【木南 友輔】