1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第157回「トーセンスターダムがシドニー着。ブラックキャビアの調教師が薬物問題を機に引退」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
更新
随時

[2016年3月22日21時18分更新]

第157回「トーセンスターダムがシドニー着。ブラックキャビアの調教師が薬物問題を機に引退」

ドバイワールドカップデーウィークに突入しました。自分は日本です。昨日は中山競馬場で他の記者と食事をしていた昼すぎ、衝撃のエアロヴェロシティ回避情報が伝わってきました。知人のフリーライターは「エアロヴェロシティのためにドバイじゃなく、日本に残ったのに…」と悔しがっていました。さて、UAEダービーは7頭立てのようです(http://www.jra.go.jp/news/201603/032201.html)。ケンタッキダービーポイント獲得へ頑張れ、ラニ&武豊!

一昨年の香港スプリントを制したエアロヴェロシティ(左)

一昨年の香港スプリントを制したエアロヴェロシティ(左)

来月9日のクイーンエリザベスS(G1、芝2000メートル、ロイヤルランドウィック)に出走するトーセンスターダム(牡6、池江)も無事にシドニーへ到着したようです。「The Championships」の公式ホームページには22日、「Stardom back for tilt at Queen Elizabeth」という記事が掲載されました。香港経由の便で午後に到着。今後は昨年同様に検疫厩舎のあるカンタベリー競馬場でレースへ向け、調整をしていくようですね。

昨年から続いてきたオーストラリアの薬物(コバルト)問題。ヴィクトリア州の調教師で25戦無敗の名牝ブラックキャビアを管理したことで知られるピーター・ムーディー師が今週から6カ月間の資格停止処分になるようなのですが、半年後に調教師として復帰する意思がないことを表明しました。22日、メディア向けの会見があったようで、「Racing.com」に詳細な記事が載っています。

アメリカのオバマ大統領キューバ訪問というニュースにドキドキしていたんですが、今日はベルギーのブリュッセルテロ事件が起きたようで…。平和な世界を願いながら、週末の高松宮記念研究に励みます

07年秋、キューバのサンタクララにあるチェ・ゲバラの霊廟前にて

07年秋、キューバのサンタクララにあるチェ・ゲバラの霊廟前にて

※今週末はいよいよ、ドバイワールドカップデー(26日=メイダン)、そして、国内では今年2回目の中央G1、高松宮記念(G1、芝1200メートル、27日=中京)です。データの神様、栗田文人記者の「G1番記者」、哲三塾など紙面充実の日刊スポーツを!ぜひ、駅売店、コンビニなどで手にとってください!どうぞよろしくお願いします!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ