1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第150回「シドニーのイチ(市川雄介騎手)が今年初勝利!美浦ではドゥラ国内最終追い」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2016年3月15日18時30分更新]

第150回「シドニーのイチ(市川雄介騎手)が今年初勝利!美浦ではドゥラ国内最終追い」

午前3時59分、美浦トレセンの南スタンド前にて

午前3時59分、美浦トレセンの南スタンド前にて

昨日の日刊スポーツヒュー・ボウマン来日の記事(http://p.nikkansports.com/goku-uma/biglobe3/news/article.zpl?topic_id=1&id=1616467&year=2016&month=3&day=14)が載りました。昨秋に続く2度目の来日クレイグ・ウィリアムズが来ていたときがちょうどこの春の天皇賞あたりからダービーにかけての時期でしたが、南半球のオーストラリアでは3、4月に大きなレースがあって、シーズンが終わりに近づく季節だからかな。今朝は美浦トレセンで取材していたら、知り合いのオーストラリア人競馬関係者がいて、トミー・ベリー皐月賞の週から昨秋に続いて短期免許でやってくる予定ということです(http://p.nikkansports.com/goku-uma/biglobe3/news/article.zpl?topic_id=1&id=1566616&year=2015&month=11&day=15)。

そのオーストラリア人関係者曰く、「トミーはこの間、デザインズオンロームを復活させたでしょ?(http://guw.nikkansports.com/?p=1628&type=free) すごいよ。モレイラでなかなか勝てなかったのにね。クイーンエリザベス2世C日本馬が強い。そこにトミーのデザインズオンロームがどんな競馬をするかですね」。QE2の日本馬のライバルの鞍上がまた日本へ。

トミー・ベリー(昨年のメルボルンCでトリップトゥパリスに騎乗)

トミー・ベリー(昨年のメルボルンCでトリップトゥパリスに騎乗)

週末の土曜(19日)、シドニーのローズヒルガーデンズ競馬場はゴールデンスリッパーデー。2歳の最高賞金額レースゴールデンスリッパー(G1、芝1200メートル)。それから、昨年リアルインパクトが勝ったジョージライダーS(G1、芝1500メートル)があって、ここにはボウマン騎乗の女王ウインクスが登場。昨年、トーセンスターダムが2着に入ったランヴェットS(G1、芝2000メートル)も。今年のゴールデンスリッパーデーは日本馬の出走はありませんが、トーセンスターダムが目指している来月のザチャンピオンシップス開催へ向け、見逃せない戦いです。

熱い、そして、おそらく、暑い南半球オーストラリア

市川雄介騎手(青い勝負服、一昨年のランドウィック競馬場で)

市川雄介騎手(青い勝負服、一昨年のランドウィック競馬場で)

自分は2年前にシドニーへ行ったとき、会ったある若い日本人騎手のことを応援してます(http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20140408-1282304.html)。市川雄介騎手昨年はシドニーへ遠征した日本馬陣営の通訳をお手伝いし、夏には日本で短期騎乗もしていました(http://www.keiba.go.jp/topics/2015/0618.html)。ランドウィック競馬場で彼(当時23歳)と話していたら、通り掛かる人がみな彼に声を掛けていく感じ。当たり前ですが…、英語に対して英語で返す。すごいなあと思って見ていました。その年の夏、ナッシュ・ローウィラーが短期免許で来日したときに「3月にシドニーへ行ったんだ」と話し掛けたら、「ビーチには行った? ボンダイビーチ? クージービーチ?」とシドニーの話になって、「市川雄介君のことは知ってる?」と聞いたら、「イチだね。もちろん。若くていいヤツだよ」と。

市川雄介騎手(一昨年、ランドウィック競馬場で)

市川雄介騎手(一昨年、ランドウィック競馬場で)

シドニーに戻ってからは騎乗機会に恵まれず、なかなか勝てなかったのですが、14日、アーミデール競馬場2R、7Rで勝利!(http://racing.racingnsw.com.au/InteractiveForm/Meeting.aspx?meetcode=NTc4MTgzMjg3NQ==)。メーンレースは豪快な差し切り!オーストラリアではメトロポリタン、プロヴィンシャル、カントリーと開催する競馬場のクラス分けのようなものがあって、「RacingNSW」の成績欄を見ると、今回騎乗していたのは「カントリー」なのですが、この2勝からグイグイと上を目指して駆け上がっていってほしいと思います!

絵の具で描いたような…、ブレブレの写真ですみません(馬場へ向かうドゥラメンテ)

絵の具で描いたような…、ブレブレの写真ですみません(馬場へ向かうドゥラメンテ)

今朝は4時からドゥラメンテの国内最終追い切りを見ました。こちらも世界との戦いへ順調に向かってほしいと思います。

午前4時半頃、馬場から引き上げていく馬と人

午前4時半頃、馬場から引き上げていく馬と人

※明日もドバイ遠征馬など情報満載!ぜひ、駅売店、コンビニなどで日刊スポーツをよろしくお願いします!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ