1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第145回「アメリカはトレーニングセールの季節。来週は注目のOBS」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
更新
随時

[2016年3月10日21時18分更新]

第145回「アメリカはトレーニングセールの季節。来週は注目のOBS」

日本のオーナー関係者、生産者がアメリカのフロリダに行っています。来週、15日火曜日、16日水曜日の2日間、同地でオカラ・ブリーダーズ・セール(OBS)の3月セールがあるからです。今週は9、10、11日の3日間で上場馬のUnder Tack Show(公開調教)。OBSの公式ホームページに行くと、初日(9日)の公開調教で各馬がマークした時計を見ることができます。初日に最速の数字、1ハロン9秒4の時計をマークしたのは14頭。上場馬の父名(SIRE)欄には日本の競馬場で見たことのある種牡馬からまったくなじみのない名前までいろいろ…。

産駒絶好調のディープインパクト(写真は昨年8月)

産駒絶好調のディープインパクト(写真は昨年8月)

たくさん産駒が出ているイントゥミスチーフストームキャットハーランハーランズホリデーイントゥミスチーフという父系。日本で走っているイントゥミスチーフ産駒は、馬場幸夫オーナーアジアンテースト(牡4、手塚)がいます。日本の競馬でも出身馬の活躍が目立つOBSブラッドホース電子版の6日の記事では「今年、14年にgraduate(卒業、いや、出身…)したモーニンが2月の東京競馬場でフェブラリーSを勝って、ミリオネアの仲間入りをした」と書いてあります。

中日新聞杯に出走するバウンスシャッセと田辺騎手(写真は愛知杯の週)

中日新聞杯に出走するバウンスシャッセと田辺騎手(写真は愛知杯の週)

来週は日本の競馬関係者がどんな馬を落札し、日本に連れてくるのでしょうか。OBSに先だって、先週2日に行われたファシグティプトン・フロリダ・2歳トレーニングセールではノーザンファーム代表の吉田勝己氏(Katsumi Yoshida)の名前でハードスパン産駒(牡2)、アンクルモー産駒(牝2)が買われています。インターネットでセリ名簿を見て、調教の映像を見て…、頭がクラクラしてきます。

今日は築地の日刊スポーツ新聞社内で週末の確定出走馬を見ながら、ああだこうだ、してます。桜花賞トライアルは土曜中山のアネモネS(オープン、芝1600メートル、12日)、日曜阪神のフィリーズレビュー(G2、芝1400メートル、13日)、どっちもビシッと当てたい!

※今週もクラシックのトライアルが行われます!ぜひ、日刊スポーツの紙面を読んで、週末の競馬を楽しんで下さい!駅売店、コンビニなどで毎朝発売中!どうぞよろしくお願いします!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ