1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第136回「スーパーチューズデーにスーパーサタデーおよびUAEオークスの展望」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2016年3月1日15時51分更新]

第136回「スーパーチューズデーにスーパーサタデーおよびUAEオークスの展望」

テレビではアメリカ大統領選挙の話題を流しています。今日が「スーパーチューズデー」。多くの州で予備選挙が行われる大事な、すげえ火曜日ですね。競馬では今週末が「スーパーサタデー」。これはドバイのメイダン競馬場でドバイワールドカップデー(3月26日)の主要な前哨戦が一気に行われる、すげえ土曜日です。

ムブタヒージ(昨年のUAEダービーにて)

ムブタヒージ(昨年のUAEダービーにて)

5日のメイダン競馬場、ドバイワールドカップと同じコースで行われるのが、アルマクトゥームチャレンジ・ラウンド3(G1、ダート2000メートル)。ここの登録にはキーンアイスムブタヒージガンピットの名前があります。

ドバイターフの前哨戦がジェベルハッタ(G1、芝1800メートル)。そして、ドバイシーマクラシックの前哨戦、ドバイシティオブゴールド(G2、芝2410メートル)には昨年のキングジョージ覇者ポストポンド(牡5、R・ヴァリアン、父ドバウィ)の名前があります。昨秋のフォワ賞を勝った後に転厩し、凱旋門賞を見送った馬です。メイダンスプリント(G3、芝1000メートル)にはアイルランドの大ベテラン、ソールパワーマハブアルシマール(G3、ダート1200メートル)には香港のリッチタペストリー。UAEダービーにつながる、アルバスタキヤ(リステッド、ダート1900メートル)にはUAE2000ギニー覇者マーケットラリー(牡3、D・セルバラトナム、父アンブライドルズソング)が登場(http://guw.nikkansports.com/?p=1535&type=free)。日本馬のライバルたちがどんな走りをするのか、見逃せません。

昨年のドバイターフを快勝したソロウ

昨年のドバイターフを快勝したソロウ

そのスーパーサタデーの前、3日(水曜)にもメイダン競馬場で開催があります。UAEオークス(G3、ダート1900メートル、3日=メイダン)の登録は4頭。UAE1000ギニーで大楽勝のポーラーリバー(牝3、D・ワトソン、父コングラッツ)に対して、不気味なのが、VALE DORI(牝4、M・デコック、父アジアティックボーイ)という馬。発音はバレドーリでしょうか?(※南半球産馬で、ここでは牝4という表記をしました)。父アジアティックボーイ(父ノットフォーセール)はアルゼンチン産馬。アルゼンチンでデビューし、M・デコック厩舎(南アフリカ)に移籍。07年にUAE2000ギニー、アルバスタキヤ、UAEダービーを制して、ドバイの3冠馬に輝いた馬です。同日のバランシーンS(G2、芝1800メートル)にも登録はありますが…。

ドゥラメンテが快勝した中山記念、あとでレースを見たのですが、同じ堀厩舎で小倉の関門橋S、キャンベルジュニア(牡4、堀)の勝ちっぷりは半端じゃないですね。この南半球産馬も末恐ろしいなあ…。

海外の競馬場で撮らせてもらったお兄さんたち

海外の競馬場で撮らせてもらったお兄さんたち

※今週末はチューリップ賞(G3、芝1600メートル、3月5日=阪神)、弥生賞(G2、芝2000メートル、3月6日=中山)でクラシックのトライアルがスタート!ぜひ、日刊スポーツを駅売店、コンビニなどで買って下さい!よろしくお願いします!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ