1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第111回「今夜、米最優秀2歳牝馬ソングバードが16年始動戦!ドンHも必見!」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
更新
随時

[2016年2月6日14時58分更新]

第111回「今夜、米最優秀2歳牝馬ソングバードが16年始動戦!ドンHも必見!」

フランシス・ベリー騎手

フランシス・ベリー騎手

今日は築地の日刊スポーツ社内で内勤。テレビ観戦の東京7R(500万、芝2400メートル)は息をのむ結果に…。直線は超良血ディープインパクト産駒2頭の追い比べ。近親に昨年のUAEダービー馬ムブタヒージがいる☆ヴァンキッシュラン(牡3、角居)、ダービー出走を期待される母レーヴドスカーの▲レーヴァテイン(牡3、堀)。フランシス・ベリーのヴァンキッシュランがクリストフ・ルメールのレーヴァテインに先着したのですが…。まさかの降着劇。レーヴァテインには大きな2勝目。ヴァンキッシュランの方は悔しい結果ですが、デビューの頃とは比べものにならないほどに力をつけているなあと感じました。自分の狙った◎ドンチャブは見せ場を作れず8着。3着○シュペルミエールまで上位3頭の上がり3ハロンが33秒0~33秒2という決め手勝負。うーん…。

レーヴァテイン(新馬戦快勝後)

レーヴァテイン(新馬戦快勝後)

さて、今夜はアメリカで注目のレースがめじろ押しです。

ラスヴァージネスS(G2、ダート1600メートル、6日=サンタアニタパーク)は3歳牝馬のレース。ここに昨年の米最優秀2歳牝馬ソングバード(牝3、J・ホレンドーファー、父メダーリアドーロ)が登場します。昨秋、毎年ブリーダーズカップ取材に行かれているジャーナリストのA氏に「アメリカ行きたいです」的なことをメールでつぶやいたら、「やっぱブリーダーズカップが最高ですよ。ソングバードってめちゃいい馬でした」と返事がありました。昨年のブリーダーズカップはアメリカンファラオあり、ゴールデンホーンあり、見どころ満載だったと思うのですが、そのなかでも存在感があったというソングバード。奥野さんも書いています(http://p.nikkansports.com/goku-uma/guide/world/column_article.zpl?topic_id=10072)が、いったいどんな馬なのか…。

海外の競馬場で撮らせてもらったお兄さんたち

海外の競馬場で撮らせてもらったお兄さんたち

デビューから4戦無敗。未勝利戦(ダート1200メートル)で2着を6馬身半ちぎり、2戦目のデルマーデビュタントS(G1、ダート1400メートル)が5馬身4分の1差、3戦目のシャンデリアS(G1、ダート1700メートル)が4馬身半差、そして、前走のBCジュヴェナイルフィリーズ(G1、ダート1700メートル)が5馬身4分の3差…、ここまでとんでもないパフォーマンスを見せています。鞍上はM・スミス。3日のブラッドホース電子版の記事では対戦するトレーナーのコメントが掲載されています。「私たちは勝つために出走するし、勝つためのトライをするでしょう。しかし、ソングバードの2着に入ったならまったく恥じることはない」。どんな走りをするのか。必見です。

昨年のドバイターフを快勝したソロウ

昨年のドバイターフを快勝したソロウ

それから、ドンH(G1、ダート1800メートル、6日=ガルフストリームパーク)にはキーンアイス(牡4、D・ローマンズ、父カーリン)が登場します。もちろん、過去の名馬たちと同様にここからドバイワールドカップ(G1、ダート2000メートル、3月26日)へ乗り込むつもりでしょう。芝、ダート問わずのオールラウンダー馬ムシャウィッシュ(牡6、T・プレッチャー、父メダーリアドーロ)は一昨年のドバイデューティフリーでジャスタウェイの4着、昨年のドバイターフでソロウの3着に入った馬。昨年11月(2走前)にG1シガーマイルでダート初挑戦4着。先月のG3でダート初勝利を挙げており、今回の結果次第で今年のドバイでどのレースに出るのかが決まってくるということです。

海外の競馬場で撮らせてもらったお兄さんたち

海外の競馬場で撮らせてもらったお兄さんたち

同じ競馬場では、芝のガルフストリームパーク・ターフ・ハンデキャップ(G1、芝1800メートル、6日=ガルフストリームパーク)にザピッツァマン(セン7、R・ブルーグマン、父イングリッシュチャネル)が出てきます。昨年はアーリントンミリオンを勝って、ジャパンCにも予備登録を行っていました。BCターフは5着。このレースの後は登録のあるドバイシーマクラシック(G1、芝2410メートル、3月26日=メイダン)に参戦する可能性もあります。

※日曜は東京新聞杯(G3、芝1600メートル、7日=東京)、きさらぎ賞(G3、芝1800メートル、7日=京都)。ぜひ、駅売店、コンビニなどで日刊スポーツを!よろしくお願いします!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ