1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第108回「野球少年にとって悲しい朝に…。明日夜はドバイ前哨戦」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
更新
随時

[2016年2月3日19時25分更新]

第108回「野球少年にとって悲しい朝に…。明日夜はドバイ前哨戦」

昨夜は早く寝たので朝起きて驚きました。「清原逮捕」。衝撃度では今年に入って、一番のニュースです。自分(昭和55年生まれ)は都内の西武新宿線沿線で育ちました森監督投手王国鉄壁の守備3番秋山=4番清原が毎晩のようにアベックアーチ、その後デストラーデ…、自分の小学校時代、80年代後半から90年代前半にかけて、素晴らしい選手がそろい、西武ライオンズの黄金時代がありました。自分がアンチ巨人、アンチ西武だったのは、当時の巨人や西武がそれだけ強かったから。素晴らしいバッターだった清原選手あの時代の野球少年は今日、みんな悲しんでいるはずです

海外に行くと、まず新聞を買います(12年秋、ヒースローにて)

海外に行くと、まず新聞を買います(12年秋、ヒースローにて)

さて、ドバイでは明日4日、ドバイワールドカップデー(3月26日)の有力馬が出走する前哨戦が行われます。

まずは4R。アルマクトゥーム・チャレンジ・ラウンド2(G2、ダート1900メートル、4日=メイダン)には地元ゴドルフィンフロステッド(牡4、マクローリン、父タピット)が登場します。昨年はアメリカで活躍。G1ウッドメモリアルを制し、ケンタッキーダービーに出走。アメリカンファラオの4着に敗れ、3冠最終戦ベルモントSではアメリカンファラオから5馬身半差の2着でした。アメリカダート路線トップホースの1頭です。8頭立て7着に敗れたブリダーズカップクラシック以来のレースになります。鞍上は日本でもおなじみ、ウィリアム・ビュイック

昨年のUAEダービーを快勝するムブタヒージ

昨年のUAEダービーを快勝するムブタヒージ

そして、6R。ファイアブレイクS(G3、ダート1600メートル、4日=メイダン)には昨年のUAEダービームビタヒージ(牡4、M・デコック、父ドバウィ)が登場します。鞍上はクリストフ・スミヨン。日本馬3頭が挑んだUAEダービーを8馬身差でぶっちぎり、その後はアメリカの3冠レースに挑戦。ケンタッキーダービーで8着、プリークネスSをパスして参戦のベルモントSは4着。ともにアメリカンファラオに敗れました。それ以来の復帰戦。ここでどんな走りを見せるのか。立ちはだかるのは先月7日に行われたアルマクトゥーム・チャレンジ・ラウンド1(G2、ダート1600メートル)を勝ったルバーナディン(牡7、アルラシッド・アルライヒ、父バーナディーニ)でしょうか。

ムビタヒージ(昨年のUAEダービーにて)

ムビタヒージ(昨年のUAEダービーにて)

ムビタヒージフロステッドはともにドバイワールドカップ(G1、ダート2000メートル、3月26日=メイダン)の予備登録を行っており、イギリスのブックメーカーでは上位の評価を受けています。今週のレースが3月末の大一番につながっていきます。

※今週は東京新聞杯(G3、芝1600メートル、7日=東京)、きさらぎ賞(G3、芝1800メートル、7日=京都)が行われます。プロ野球キャンプ情報も、競馬情報も…。ぜひ、駅売店、コンビニなどで日刊スポーツを!よろしくお願いします!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ