1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第91回「愛ダービー12馬身差&レコードVのセントジョバイト死す」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
更新
随時

[2016年1月16日17時29分更新]

第91回「愛ダービー12馬身差&レコードVのセントジョバイト死す」

アップダウンの激しいカラ競馬場のレース風景

アップダウンの激しいカラ競馬場のレース風景

ヨーロッパの競馬の時計って…」。海外競馬に無知で時計に興味を持ち始めたときに奥野さん奥野庸介氏)が教えてくれた馬がセントジョバイトでした。92年のアイルランドダービーをぶっちぎりで制した名馬。2着ドクターデヴィアス12馬身差カラ競馬場のタフな芝2400メートルで勝ちタイムは衝撃のレコード2分25秒60…。そのセントジョバイトが27歳で死んだことを15日、英国のレーシングポスト電子版、アメリカのブラッドホース電子版などが伝えています。

自分が見に行った12年愛ダービー

自分が見に行った12年愛ダービー

プレザントコロニー産駒の牡馬、89年生まれのアメリカ産馬で調教師はアイルランドJ・ボルジャー。2歳時は4戦3勝。3歳になった92年は3戦目の英ダービードクターデヴィアスの2馬身差2着。愛ダービーは2番手から直線で独走。続く古馬相手のG1キングジョージ6世&クイーンエリザベスSではコロネーションC覇者サドラーズホールに6馬身差をつける快勝。同年の凱旋門賞4着を最後に引退し、種牡馬になっています。セントジョバイトの半兄でアメリカで走ったセーラムドライブは88年に来日し、富士Sを4馬身差で勝利。続くジャパンCでは9着に入っています。セントジョバイトの血はほとんど日本に入っていないと思うのですが…。

日曜の重賞はこの馬(ハービンジャー)の産駒で勝負

日曜の重賞はこの馬(ハービンジャー)の産駒で勝負

92年の愛ダービー、ぜひ見てください。後続をぶっちぎる走りはタフな競馬場だから生まれるのだと思います。明日の京成杯(G3、芝2000メートル、中山)、日経新春杯(G2、芝2400メートル、京都)は熟慮の末、10年キングジョージで11馬身差Vをやってのけた、あの馬の産駒で…。

金曜夜の新年会でご機嫌の高木記者

金曜夜の新年会でご機嫌の高木記者

なんとか流れを変えたい16年の競馬、昨日は銀座の居酒屋で日刊スポーツレース部の新年会がありました。大事な金曜夜です。ギリギリまで検討して印を打ち込み、原稿を書いて、疲労困憊(こんぱい)で、とりあえず参加…。隅っこでおとなしくしていたのですが、本紙担当の高木一成記者が遅れてやってきて、自分の前の席にドッカリ腰を下ろし、絡んできました。「いやー、ちょっと時間があるから六本木で飲んでたら、酔っぱらって、地下鉄乗ったら、乗り越しちゃって大変だよ、エヘヘ」。今朝はそんな先輩記者と一緒に中山競馬場で朝から取材です。

中山5Rを快勝し、写真撮影を終えて厩舎地区に戻るイマジンザット

中山5Rを快勝し、写真撮影を終えて厩舎地区に戻るイマジンザット

重賞もないですし、お客さんもそれほど多くありませんが、素晴らしい天気の下で競馬が行われています。ニヤニヤしてた高木記者が一瞬だけ、真剣な表情になったのが、5Rの未勝利戦(芝2000メートル)。昨晩、ビールジョッキ片手に「大丈夫だ。明日は◎(グリ)イマジンザットが絶対勝って儲かるだろ」と豪語していましたが、言葉どおりに戸崎騎手騎乗のイマジンザット(牡3、斎藤、父ディープインパクト)が快勝しました。単勝1・7倍をだいぶ勝負していたらしく、「エヘヘ」と高木記者。初戦は良血サトノキングダムの2着だったイマジンザットですが、こちらもショウナンタレント(07年フラワーC)、ショウナンアルバ(08年共同通信杯)という重賞ウイナーの弟という良血ですから、斎藤師も初勝利にホッとした様子。「順当勝ちですね。距離は大丈夫だと思っていたし、跳びが大きいので包まれなければ、と思っていました。大事に今後のことは決めていきたいですね。東京コースになったらもっといいと思います」。

紙面(東日本版)で予想がズバリの山田記者

紙面(東日本版)で予想がズバリの山田記者

菜の花賞を制したエクラミレネール

菜の花賞を制したエクラミレネール

9R菜の花賞(500万、芝1600メートル)は僕の◎(グリ)レッドエトワールが失速し、山田記者の◎(グリ)エクラミレネール(牝3、高橋裕、父マツリダゴッホ)が快勝。無念…。山田記者も日刊スポーツ紙面(東日本版)での推奨の仕方からして、かなりの額をつかんだのでは…。中京メーンの愛知杯(G3、芝2000メートル)は水曜朝の美浦、引っ張りきりの手応えだった◎バウンスシャッセ(牝5、藤沢和)で初志貫徹…、いや、弱気に複勝で勝負。結果はハンデ戦で難解でしたが、2着が抜ける悔しい結果に…。はぁー、今年に入ってからため息ばかり。紙面ではしっかり大先輩鈴木デスクが◎(グリ)バウンスシャッセ、○アースライズですから。おそらく単勝、ワイドなどでまとめているのではないでしょうか。明日は、頼むよ、フォーリーデクラン! それから…、頑張れ、受験生!

愛知杯は◎バウンスシャッセ&田辺騎手でした

愛知杯は◎バウンスシャッセ&田辺騎手でした

なんだかなあ~

なんだかなあ~

※日曜の競馬も予想記者(自分をのぞく)絶好調の日刊スポーツで楽しんで下さい!駅売店、コンビニなどで毎朝、絶賛発売中です!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ