1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第89回「U23日本代表が戦うカタールのドーハにも競馬がある」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2016年1月15日13時03分更新]

第89回「U23日本代表が戦うカタールのドーハにも競馬がある」

女性ジョッキーシリーズの記念撮影(14年2月のカタールにて)

女性ジョッキーシリーズの記念撮影(14年2月のカタールにて)

昨晩、リオデジャネイロ五輪最終予選兼U-23アジア選手権がカタールのドーハでありました(※紙面では、自分と日刊スポーツ新聞社に同期で入社した記者が現地からリポートしています)。リオデジャネイロ五輪の出場権を獲得するためにサッカーのU23日本代表が戦った中東カタールドーハ。自分がこの地へ競馬を見に行ったのは、2年前のことです。2月末に休みをもらえたので、日程を調べると、ドーハで国際競走が行われる週でした。レッツゴー!12年には国分優作騎手、13年には嶋田純次騎手がこの開催中に行われる「カタール見習騎手招待競走」へ出場していたので、14年もあるのかな、と思ってたのですが、行われず。現地では女性騎手シリーズを実施していました。

騎手参加の朝食会にて。ルメール、ペリエ、デットーリ…、存在感抜群です

騎手参加の朝食会にて。ルメール、ペリエ、デットーリ…、存在感抜群です

カタール航空でドーハへ行きます。プレス(記者)用ホテルの申請が間に合わず、建設ラッシュのドーハ中心部にある安ホテルへ。大手牧場アルシャハニアスタッドの見学、アルライヤン競馬場での朝食会、マッチレース観戦、ドバイワールドカップデー前哨戦など、見どころは多かったですし、オリビエ・ペリエフランキー・デットーリhttp://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20140301-1264246.html)、クリストフ・スミヨンなどの名手、ジョン・ゴスデンマイケル・スタウトなどイギリス、アイルランド、フランスなどの超有名調教師が観戦、集結していることに驚きました。

アルライヤン競馬場

アルライヤン競馬場

ダートコースで行われるマッチレース

ダートコースで行われるマッチレース

滞在は4日間でしたが、帰国当日の朝は「ドーハの悲劇」の舞台となったスタジアムへ。夜明け前に宿泊していたホテルを出発し、お祈りの声が響く町をテクテク歩いて、到着したのがアルアハリスタジアム。フィールドまで降りて、歩いてきたのはいい思い出です。現地へ行く前にはカタール競馬取材経験のある奥野さん奥野庸介氏)にいろいろと教えてもらい、現地では同じく取材経験のあるフリーライターの土屋真光さん親切にしていただきました。

ドーハの悲劇の舞台、アルアハリスタジアムにて(写真は一昨年2月)

ドーハの悲劇の舞台、アルアハリスタジアムにて(写真は一昨年2月)

日本対イラク、後半ロスタイム、ショートコーナーからセンタリングでアーっていう…

日本対イラク、後半ロスタイム、ショートコーナーからセンタリングでアーっていう…

昨年の同じ時期、美浦からひとりの若手トレーナーが見聞を広めにドーハへ行きました。美浦の奥村武師。すごい刺激を受けて、帰ってきたようです。自分もまたいつかカタールの競馬についてじっくり考えてみたいと思います。欧米の競馬界だけでなく、日本のセレクトセールにも顔を出し、急速に影響力を増しているカタール競馬。栗東の中内田厩舎にはシェイク・ファハドの所有馬が入っていて、みなセレクトセールで購入された良血馬、素質馬。黄色に青い星の勝負服が今年、いきなりクラシックの舞台に登場してきて、ビッグタイトルを獲得してもおかしくありませんね。

アルライヤン競馬場のスタンド。馬券発売はないけど、多くのファンが詰め掛けます

アルライヤン競馬場のスタンド。馬券発売はないけど、多くのファンが詰め掛けます

で、今朝も美浦トレセン。3日間開催の翌週ということで木曜日に速い時計を出す馬が多く、重賞に出る馬、今週のレースに出走を予定する馬が続々と馬場に入っていきました。騎乗停止になってしまったルイス・コントレラスも姿を見せていましたし、フラン・ベリーも。ハービンジャー産駒のテオドール(牡3、国枝)の感触を確かめていました。「まだ未勝利だということですが、いい馬ですね。3回走って競馬もわかってきているので、チャンスがあると思います」と…。日曜中山5Rに出走予定。ここは1番人気必至でしょうか。フラン、2週連続で騎乗した京成杯ウムブルフ(牡3、堀、父ディープインパクト)も感触は良かったようです。京成杯日経新春杯も…、初日の中山金杯、先週の続きのようですが、自分はハービンジャー産駒がすごく気になっています。枠順がどうなるのか…。

フランシス・ベリー騎手

フランシス・ベリー騎手

昨年リーディング、堀厩舎の隊列。壮観です

昨年リーディング、堀厩舎の隊列。壮観です

※サッカー五輪代表情報も、今週末の競馬も、ぜひ日刊スポーツで!駅売店、コンビニで買って下さい!よろしくお願いします!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ