1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第86回「マジックミリオン社ゴールドコースト1歳セール」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
更新
随時

[2016年1月11日18時09分更新]

第86回「マジックミリオン社ゴールドコースト1歳セール」

月曜の中山(写真はコントレラス騎手初勝利のセレモニー)

月曜の中山(写真はコントレラス騎手初勝利のセレモニー)

先週からオーストラリアでマジックミリオン社ゴールドコースト1歳セールが行われています。所変われば品変わる…、じゃないけど、ここまで違うものか、と。セール最高額で取引されたのは「スニッツェル産駒」でその額、オーストラリアドルで160万ドル(日本円で約1億3000万円)。「100万豪ドル超え」が6頭でスニッツェル産駒が3頭、ピエロ産駒が2頭、ファトスネットロック産駒が1頭。

ゲイ・ウォーターハウス厩舎の運動風景(シドニーのロイヤルランドウィック競馬場にて)

ゲイ・ウォーターハウス厩舎の運動風景(シドニーのロイヤルランドウィック競馬場にて)

日本でスニッツェル産駒といえば、昨年のアーリントンC覇者ヤングマンパワー(牡4、手塚)でしょう。この馬は13年のセレクトセール1歳部門で1300万円で落札されています。今年のクラシック有力候補のハートレーを擁する敏腕トレーナーと今週、美浦トレセンでスニッツェルについて少しだけ話しました。基本的にはオーストラリアで活躍している同馬ですが、日本にも過去にシャトルサイヤーとして来日。現8歳世代、現4歳世代で日本の競馬にも根を下ろしています。「オーストラリアではすごい人気なんだよね。それこそ、ハートレーに乗ってくれたボウマン騎手はスニッツェル産駒なら喜んで乗ってくれたんじゃないかな。ヤングマンパワーが種牡馬かあ…、それは今の成績では厳しいけど、頑張ってもらいたいよね」。手塚師はそう笑っていました。

クラシック候補ハートレー(昨年11月の新馬戦後)

クラシック候補ハートレー(昨年11月の新馬戦後)

スニッツェルの父はリダウツチョイス(日本での代表産駒はフルーキー)。リダウツチョイスの父はデインヒルです。ファストネットロックもデインヒル産駒。オーストラリアはとにかくデインヒル系が強いですね。日本で走っているデインヒル系は…、コマンズロックオブジブラルタルがデインヒル産駒ですし、ハービンジャー(父ダンシリ)がデインヒル系です。ハービンジャーが爆発すれば、デインヒル系が日本でも広がっていくのかな…。

初年度産駒が今年4歳になるハービンジャー

初年度産駒が今年4歳になるハービンジャー

ピエロは12年のゴールデンスリッパー覇者(世界最高賞金の2歳戦)。13年のジョージライダーSなど他にも多くのG1を制しています。今回落札されているのはピエロの初年度産駒でセール2番目の高額馬(150万豪ドル)は、昨年のゴールデンスリッパーを買ったバンクーバー(父メダグリアドーロ)の半弟、3番目の高額馬(140万豪ドル)はお母さんがリダウツチョイスの全妹という良血です。ピエロの現役時に管理していたのが、ゲイ・ウォーターハウスで主戦騎手は日本で騎乗したことがあるナッシュ・ローウィラー。ナッシュが短期免許で来日していたときに函館競馬場で話しました。オーストラリアの短距離馬が強いのはなぜか。「メルボルンCを勝つのは名誉だけど、多くの調教師にとって、本当に勝ちたいのは(賞金がいい)ゴールデンスリッパーだからだと思う」と…。

ナッシュ・ローウィラー騎手

ナッシュ・ローウィラー騎手

3日間開催最終日、中山競馬場はルイス・コントレラス騎手が日本初勝利。北米で乗っているジョッキー。おそるおそる、「右回りで勝つのはいつ以来ですか?」と聞いてみたら…、「ファーストタイム」とニッコリ。「え、まじで?」「人生で初めて」。まじかよー。残念ながらこのレースで制裁を食らってしまいましたが、めちゃくちゃ性格良さそうなコントレラス騎手、これからも応援したいですね。個人的にも覚えておきたいレース。2着、3着、5着が良血ディープインパクト産駒で4着がヌーヴォレコルトの半妹というメンバー。勝ったアドマイヤムーン産駒メンデンホール(牝3、小島太)の脚は強烈でした。半姉が12年フローラS覇者、オークス1番人気のミッドサマーフェア。「この馬もそのくらい(重賞V)までいくのでは…」というコントレラスの言葉はリップサービスで終わらないかも…。

11日の中山5Rで初勝利のメンデンホール

11日の中山5Rで初勝利のメンデンホール

メーンのフェアリーSは悔しい結果に…。1着○ビービーバーレル、2着▲ダイワドレッサー(昨年の千葉セリで自分が最も印象に残った馬)…、自分の狙った◎ルミナスティアラは直線失速して14着。反省、反省、大反省の3日間開催。フェアリーSのレース後取材で中山12Rを買えなかったんですが、目の前を、最後方から豪快にフラン・ベリー騎乗のハービンジャー産駒◎マイネルサージュが突き抜けました…。いい感じで来週につながったと思って、頑張っていきます!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ