1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第82回「シリュスデゼーグル今年も現役続行&エイブルフレンドが今シーズン絶望」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2016年1月7日22時39分更新]

第82回「シリュスデゼーグル今年も現役続行&エイブルフレンドが今シーズン絶望」

12年英チャンピオンSのゴール前。シリュスデゼーグルをフランケルが抜き去る。

12年英チャンピオンSのゴール前。シリュスデゼーグルをフランケルが抜き去る。

6日、「At The Races」電子版の記事にシリュスデゼーグル(セン10、C・バランドバルブ、父イーヴントップ)が16年も現役で走る予定であるというニュースが載っていました。ドバイシーマクラシック(G1、芝2410メートル、3月26日=メイダン)が始動戦になるようです。10年のジャパンCで来日し、その後は欧州中距離戦線の主役であり続けています。快勝した11年英チャンピオンSは2着ソーユーシンク、3着スノーフェアリー、4着ミッデイ、5着ナサニエルというメンバー。12年の英チャンピオンSはフランケルの引退レースでライバルとして立ちはだかり、14年のガネー賞では名牝トレヴに初めて黒星をつける勝利。セン馬なので凱旋門賞には出走しませんが、近年のフランスを代表する名馬です(※ドバイワールドカップカーニバルは、7日にメイダン競馬場でスタート。3月26日のドバイワールドカップデーまで熱いレースが繰り広げられます)。今年はどんな走りを見せてくれるのでしょうか。

12年英チャンピオンSで2着に敗れたレース後のシリュスデゼーグル。鞍上はO・ペリエ。

12年英チャンピオンSで2着に敗れたレース後のシリュスデゼーグル。鞍上はO・ペリエ。

その一方で、香港からは大きなニュースです。昨年末の香港マイルでモーリスと激闘を演じたアジア最強マイラー、エイブルフレンド(セン6、J・ムーア、父シャマーダル)の故障が判明しました。7日のサウスチャイナ・モーニング・ポスト電子版の記事では右前脚の負傷で今季絶望。J・ムーア調教師のコメントとともに今後はオーストラリアへ移動し、リハビリに務めることになるのではないかと報じられています。香港マイル当日の朝に出否の判断がなされていたように、昨年後半は本調子になかったのかもしれません。イギリスのレーシングポスト電子版はエイブルフレンドの故障、そして、最後にモーリスの年度代表馬受賞を伝えています。

昨年のロイヤルアスコット開催初日、クイーンアンSに出走したエイブルフレンド

昨年のロイヤルアスコット開催初日、クイーンアンSに出走したエイブルフレンド

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ