1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第81回「産駒デビューで新たなフランケルイヤー到来」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
更新
随時

[2016年1月6日22時03分更新]

第81回「産駒デビューで新たなフランケルイヤー到来」

英チャンピオンSを制したフランケル。ヘンリー・セシル師とトム・クウィリー騎手。

英チャンピオンSを制したフランケル。ヘンリー・セシル師とトム・クウィリー騎手。

年明けとともにレーシングポストに「フランケル(FRANKEL)」の文字がちらほら…。そうです、今年は怪物フランケルの初年度産駒が2歳戦でデビューする年になります。日本に輸入されている産駒もいます。引退し、種牡馬になる、そして、種付けを行って、翌年に子どもが生まれる。自分がラストランの英チャンピオンSを見に行ったのが、12年秋ですから、もう3年以上前ということになります。ひと言で、楽しみです。

2013年の社台スタリオンステーションのスタリオンブック表紙です。タートルボウルが大きく載っています。

2013年の社台スタリオンステーションのスタリオンブック表紙です。タートルボウルが大きく載っています。

今日は築地の日刊スポーツ新聞社へ行ってから、先ほど美浦トレセン入り。明日の朝から取材です。頑張ります。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ