1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第70回「ArimaKinen~あと4日」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
更新
随時

[2015年12月23日17時44分更新]

第70回「ArimaKinen~あと4日」

水曜日、今朝は有馬記念に出走する馬の多くが最後に速い時計を出す日です。午前7時からラブリーデイ、ラストインパクト、アドマイヤデウス、キタサンブラックと目まぐるしく…、それからも次々にコースや坂路を駆け抜けていきました。その後、10時半からの共同会見でショウナンパンドラ回避が高野師から発表されました。曇り空ですが、自分の狙いたい馬はすごい輝いて見えて…、そんな馬が何頭も…。

最終追い切りを終えたラストインパクト。プレレーティングは前走ジャパンC2着の119です。

最終追い切りを終えたラストインパクト。プレレーティングは前走ジャパンC2着の119です。

東京大賞典へ向け、調整を行うホッコータルマエ。G1・10勝目を目指します。

東京大賞典へ向け、調整を行うホッコータルマエ。G1・10勝目を目指します。

予想をする上でチョビッとだけ参考にするものに「レーティング」があります。今年、ライアン・ムーアがやってきたとき、エリザベス女王杯のラキシスについて、「レーティングを見ても、トップクラスの馬」と話していました(http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=1565446&year=2015&month=11&day=13)。海外ではかなり重要視されるこのレーティング。JRAのホームページでは、有馬記念のプレレーティングが発表されています(http://www.jra.go.jp/datafile/ranking/g1/2015/arima.html)。

坂路モニターを見つめる「G1番記者」担当の太田記者。紙面をご期待ください!

坂路モニターを見つめる「G1番記者」担当の太田記者。紙面をご期待ください!

共同会見でショウナンパンドラの有馬記念回避を発表する高野師。また来年に素晴らしい走りを期待したいです。

共同会見でショウナンパンドラの有馬記念回避を発表する高野師。また来年に素晴らしい走りを期待したいです。

今回の数字を比較すると、ゴールドシップ、ラブリーデイが120、牝馬のショウナンパンドラが116(牝馬はプラス4ポンド)でこの3頭がトップです。レースが終わってから、このレーティングの数字を上げてくるのはどの馬になるのでしょうか。木曜はいよいよ、枠順が決まります!

また曇り空になった水曜の栗東トレセン。昼すぎからまた雨が降り始めました。

また曇り空になった水曜の栗東トレセン。昼すぎからまた雨が降り始めました。

また雨ですね…(写真は海外の競馬場で撮らせてもらったお姉さん)。

また雨ですね…(写真は海外の競馬場で撮らせてもらったお姉さん)。

※有馬記念(G1、芝2500メートル、12月27日=中山)情報は日刊スポーツ競馬面で!ぜひ、駅売店、コンビニ等で購入お願いします!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ