海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
更新
毎週随時

2018年12月25日の記事

[2018年12月25日17時20分更新]

第740回「金曜はホープフルS!26日はボクシングデー!キングジョージ6世チェイス!クリスマスハードル!」

キングジョージ6世チェイスはケンプトンパーク競馬場で行われる暮れの名物競走。26日はキリスト教のボクシングデーと呼ばれる日です。

今年は10頭立てになっています。距離は3マイル(約4800メートル)。

ブックメーカーの1番人気はマイトバイト(セン9)。前走はベットフェアーチェイスで5頭立て最下位。昨年のキングジョージ覇者です。

ポリトローグ。ウェイティングペイシェントリー。ネイティブリヴァー。一昨年覇者ティッスルクラック。ブリストリデメイ。クランデオブー。コニーグリー。昨年2着ダブルシャッフル。リジー・ケリー騎手騎乗のティーフォトゥー。

クリスマスハードルはハードルのG1競走。距離は2マイル(3200メートル)。5頭立て。

日本の障害競走はチェイスよりもハードルに近いと言われます。日本の中山グランドジャンプや中山大障害を強い競馬をして勝った馬の関係者に「じゃあ、グランドナショナルは?」と聞いちゃうのはまったくの見当外れで、そんなことを言われても、苦笑いするしかありません。

今年のクリスマスハードルは昨年、今年のチェルトナムフェスティバルでチャンピオンハードルを連覇しているブーヴルドゥエアーが出走します。昨年のクリスマスハードル覇者です。

昨年のすごい勝ちっぷり。現在11連勝中のブーヴルドゥエアー。来年3月のチェルトナム、取材に行きたいなあ。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ