海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
更新
毎週随時

2018年11月29日の記事

[2018年11月29日20時05分更新]

第726回「タタソールズ上場のウオッカ6番子は主取り!2年前デビューのエネイブル!仏メゾンラフィット閉鎖へ」

昨日(28日)、知り合いの牧場関係者からメールが来ました。「今夜渡英します」と。

繁殖牝馬を探しにいくのだと推測できるのですが、おそらく寒さも厳しく、日照時間も短そうな冬の英国。年末に向かって予想が当たらずにシュンとしているのではなく、自分も新しい何かを見つけに頑張らねば、と思わされました。なんだかよくわかりませんが。

先週時点で英国に向かっていた方もいて、もちろん、注目されたタタソールズ12月セール、初日(26日)にはウオッカ6番子がいたんですが、主取りになったようです。28万5000ギニーまでは上がっていったんですが…。

ツイッターではエネイブルが2年前の今日(もう昨日かな…、11月28日)にデビューしたぞ、という投稿が。この走りを見ただけじゃ、のちの凱旋門賞連覇、英愛オークス、キングジョージ、ヨークシャーオークス圧勝の姿は浮かばない、かな。ニューカッスル競馬場の9頭立て、牝馬の未勝利戦で鞍上はハヴリン騎手。オッズは単勝4・5倍の2番人気。そして、オールウェザー馬場のマイル戦です。

デビュー戦が夏の新潟の芝内回り1400メートルで2着だった馬(アーモンドアイ)が翌年に牝馬3冠&ジャパンCを勝つんですから、どんなデビュー戦であろうが、どんな着順、内容であろうが、可能性をあきらめることはない、過小評価をしてはいけないっていうことですね。痛感しています。

ちなみにエネイブルの2戦目は翌年(昨年)4月のニューベリーの条件戦3着。これがこれまでで唯一の敗戦で、鞍上はウィリアム・ビュイック。勝ったのは同じゴスデン厩舎、同じ馬主、デットーリ騎乗で1番人気だったシャッタースピード。仏オークスに向かったシャッタースピードはそこで敗れてしまい、リステッドから英オークスに向かったエネイブルは一気にのし上がっていく…、評価は変わっていくものなのだ、と。

フランスはいよいよ、メゾンラフィット競馬場が来年開催を最後に閉鎖されちゃいそうなニュース。凱旋門賞週に開催があって、日本の競馬記者も何度も行っているパリ市内の川沿いの競馬場。今年8月にジェニアルと武豊騎手がメシドール賞を勝った場所です。どうなるんでしょうか。

【木南 友輔】

[2018年11月29日13時49分更新]

第725回「アイルランドの名馬で、史上初の英ダービー&愛ダービー&同年凱旋門賞馬シンダー(牡21)が死す」

アガカーンスタッドが26日に発表しました。アガカーンの緑の勝負服で、アイルランドのジョン・オックス厩舎。主戦はジョニー・ムルタ。通算成績は8戦7勝。

エプソムダービーの2着馬サキーは翌年の凱旋門賞馬。愛ダービーは9馬身差の圧勝。凱旋門賞は連覇を狙ったモンジューを突き放しました。

産駒はユームザインやシャレータなど。母の父としては愛ダービー馬トレーディングレザーが出ています。昨年の種付け後に種牡馬を引退していたようで、今年生まれた産駒がラストクロップになります。

自分がパッと思い浮かべたのはダノンシャークの上にシンダー産駒がいたな、と。それからムーンリットレイクが母父シンダーだったな、と。シンダーの走りを思い浮かべ、シンダーの血を持つ馬を探しながら、今週の予想をしたいなと思います。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ