海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
毎週随時

2018年10月27日の記事

[2018年10月27日19時42分更新]

第692回「あのサクソンウォリアーVSロアリングライオンの激闘から1年、今夜はフューチュリティートロフィー!」

去年のあのしびれるゴール前から1年、

サクソンウォリアーはそのまま無敗で英2000ギニーを制しましたが、その後、一度も勝てずに引退。

ロアリングライオンは英ダービー3着後、エクリプスS、英インターナショナルS、愛チャンピオンS、クイーンエリザベスSとG1を4連勝。

そういうゴール前だったんだなあ…。本当に熱かった。

エイダン・オブライエン師の年間G1勝利最多記録がかかった昨年のレーシングポストトロフィー。

このドンカスター競馬場の2歳G1は英国の平地G1競走の本当の最後であり、

クラシックへの登竜門。名前が今年から「フューチュリティートロフィー」に変わりましたが、今年はどんな結果になるでしょうか。

11頭が出走予定で、ブックメーカーが1番人気に推しているのはエイダン・オブライエン厩舎のマグナグレシア。ドナカ騎乗です。

そして、フランスではサンクルー競馬場でクリテリウムドサンクルー。こちらも2歳のG1です。

【木南 友輔】

[2018年10月27日16時38分更新]

第691回「オーストラリアの歴史的名牝ウインクスが史上初のコックスプレート4連覇を達成!すごすぎました…」

自分が初めてウインクスのレース映像を見た、3年前のコックスプレート、それを思い起こさせるようなレースでした。

やっぱり、やればできんじゃん、て言いたくなるような好位からの横綱相撲。

ライアンが早めに動いて、ベンバトルとマーフィーが動いて、その後ろでロックオン。震える強さでしたね…。

京都10Rの◎シュペルミエールは鼻差2着。無念…。18ケ月ぶりでしたが、かなりの好仕上がりだったので…。悔しい。

東京11RアルテミスSの◎ビーチサンバも2着。シェーングランツはデビュー2戦を見た感じ、府中のマイルは忙しいんじゃないかなって思って無印にしちゃって…。完敗です。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ