海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
毎週随時

2018年10月6日の記事

[2018年10月6日22時19分更新]

アークウィークエンドが始まりました!

土曜朝、凱旋門賞前日の朝は早起きして、ちょっと厩舎へ行って、

それからシャンティイのフランスギャロ事務所前で待機。クリンチャーの宮本師の囲み取材を終え、

一路パリへ。パリロンシャン競馬場です。

昼すぎに到着すると、もう大勢の人でにぎわっています。

最初のレースはショードネイ賞。

ゴドルフィンのワンツーで、勝ったのはニエル賞覇者ブルントランドでした。

さあ、取材行ってきます。

凱旋門賞前日のパリロンシャン競馬場に到着です

パリチュルフ

ショードネイ賞のゴール前

【木南 友輔】

[2018年10月6日21時47分更新]

金曜午後はサンクルー競馬場へ

午前中の取材を終え、サンクルー競馬場へ。2年前はここが枠順抽選会の会場でした。

エルコンドルパサーが勝ったサンクルー大賞が行われるのが、サンクルー競馬場。

パリロンシャン競馬場からは川を渡って、ちょっと坂を上ったくらいのところ。

車だと、早ければ5分くらいで着いちゃいます。いや、10分か。

武豊騎手が乗っていたのと、モンドシャルナが出走するのと、有力馬の騎手が乗っていたので、

取材へ行きました。

午後は暑い。このままの天気で行くのだろうか…。

サンクルー競馬場の6Rを制し、一番最後に戻ってきた武豊騎手とニスリーン

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ