1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第667回「シャーガーCのメディアガイドにはターフの魔術師の息子とか、3人目のフルタイム外国人騎手を狙うとか」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
更新
随時

[2018年8月9日23時25分更新]

第667回「シャーガーCのメディアガイドにはターフの魔術師の息子とか、3人目のフルタイム外国人騎手を狙うとか」

13年ニエル賞を制したキズナと武豊騎手

アスコット競馬場から送られてきたシャーガーCのメディアガイド、
騎手紹介を読んでいると面白いです。

フラン・ベリーの英愛選抜、シュタルケの欧州選抜、ジョセフィンゴードンのザガールズ、武豊の世界選抜(レストオブザワールド)。

欧州から離れているから説明することがたくさんあるのかもしれませんが、
それにしても、武豊騎手のプロフィールが出場全騎手で最も華やかな感じがするし、モレイラのところもJRAの通年免許を狙っているというくだりとか、読み応え十分。
武豊騎手を紹介するのにお父さんの邦彦さんの名前が出てきて、その紹介が「マジシャン・オブ・ザ・ターフ」ですからね。カッコ良すぎる。

シャーガーCの歴史で、これまでの出場回数と獲得ポイントが最も多いのが、ヘイリー・ターナー。
武豊騎手は3位タイとなる7回の出場で、デットーリ騎手と並んで4位タイの150ポイントをこれまでに挙げている、と。すごいなあ。

日本から川田騎手が遠征している英国。
9日のヘイドック競馬場では香港のヴィンセント・ホー騎手が英国初騎乗初勝利というニュース。前シーズンは24勝でリーディング13位。
日本では当然無名ですが…。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ