1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第661回「サセックスSは古豪ライトニングスピアー初G1!今夜はナッソーS!英国で川田騎手初勝利!週末も」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
更新
随時

[2018年8月3日08時30分更新]

第661回「サセックスSは古豪ライトニングスピアー初G1!今夜はナッソーS!英国で川田騎手初勝利!週末も」

カタールレーシングの主戦、オイシン・マーフィー騎手(写真は英ダービー当日)

サセックスSは無敗のフランケル産駒ウィザウトパロールがまさかの失速。馬群で脚をためていたマーフィー騎乗のライトニングスピアー(牡7、D・シムコック、父ピヴォタル)が突き抜けました。

G1に16度目の挑戦で初制覇の7歳馬。今年はロッキンジS2着、クイーンアンS3着。これが3戦目でした。

ウィザウトパロールは8頭立て7着。ドイル騎乗のエキスパートアイが2着でした。

サセックスSからジャックルマロワ賞にまわってくる馬はいるのかどうか。

ジャックルマロワ賞は来週末、12日の予定です。

今夜はナッソーS。6頭立てです。

エイダン・オブライエン厩舎のロードデンドロン、愛G1プリティーポリーSを制したハガス厩舎のアーバンフォックス、

コロネーションS3着でこの日から復帰のデットーリが騎乗するスタウト厩舎のフランケル産駒ヴェラシアス、

英オークス1番人気2着だったゴドルフィンのワイルドイリュージョン、大波乱の英1000ギニー馬ビルスドンブルック、

6頭立て最低人気が絶好調オイシン・マーフィー騎乗のウィラミナ。面白いメンバーです。

水曜の川田騎手はレッドカー競馬場で初勝利。

今夜はエプソム、明日はウォルバーハンプトンで1鞍ずつ。土曜はグッドウッドで5鞍に騎乗予定。

一気に騎乗数を増やしてきていて、8月の活躍が楽しみです。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ