1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第651回「愛オークスはシーオブクラス!函館2歳Sは小崎騎手重賞初制覇!セプテンバーはG2で今夜復帰!」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
更新
随時

[2018年7月22日20時24分更新]

第651回「愛オークスはシーオブクラス!函館2歳Sは小崎騎手重賞初制覇!セプテンバーはG2で今夜復帰!」

一昨年の凱旋門賞、落馬負傷で休養中だった小崎騎手が視察に来ていました

21日、土曜にアイルランドのカラ競馬場で行われた愛オークスは英国から遠征したシーオブクラス(牝3、W・ハガス、父シーザスターズ)が勝ちました。ゴール前で英オークス馬フォエバートギャザーを鮮やかに差し切りました。鞍上はジェームズ・ドイル。

シーオブクラスのお姉さんはノーザンファームにいるチェリーコレクトとか、ファイナルスコアとか。セレクトセールですっげー高く買われている馬たちのお母さん。身近な存在…、かな。

7頭立てで勝ちタイムは2分32秒54。黄色い勝負服はシーザスターズ、アーバンシーのツイ家のものと近いし、その関係なのか、と。人気を集めていたマジックワンドは5着。レーシングポスト電子版の記事だと、今後はヨークシャーオークスか、ヴェルメイユ賞ってことで、その先には凱旋門賞があるのかもしれません。

愛オークスは回避したディープインパクト産駒、母ピーピングフォーンのセプテンバーは今夜のカラのG2で復帰予定。どんな競馬をするのか。

フランスの競馬も気になりますね。

函館2歳Sは◎ラブミーファインが楽勝か、と思ったら、△アスターペガサスに差されてしまいました。

小崎騎手、積極的に海外へ競馬を見に行き、乗りに行った努力が実る勝利。ジャイアンツコーズウェイ産駒ってのがまた、いいなあ。

 

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ