1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第650回「サトノアレス残念!今夜は愛オークス!明日はフランスで松永幹厩舎&武騎手!野中騎手は明日カラ」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
更新
随時

[2018年7月21日19時39分更新]

第650回「サトノアレス残念!今夜は愛オークス!明日はフランスで松永幹厩舎&武騎手!野中騎手は明日カラ」

14年愛オークスを勝ったブレスレット

今夜は愛オークス。

自分が愛オークス取材に行ったのは4年前。勝ったのはブレスレット。

モンジュー産駒だったんですが、血統を見たら、祖母がアーバンシー(ガリレオ、シーザスターズの母)。

ハーッとため息が出ました。

このときは無敗の英オークス馬タグルーダが見られるかなと思って行ったのに、

ダブリンに着いたら、いろんな人がタグルーダ回避、翌週のキングジョージへってニュースを教えてくれて。

愛オークスを取材した翌日は児玉師の厩舎へ。

話して、食事して、楽しかったなあ…。

思えば、あの年を最後にアイルランドへ行ってない。悲しい。

今夜が愛オークスで、その翌日もカラでは開催があって、

児玉厩舎の2歳馬が出走予定。牝馬のトーセンシャウナ。島川オーナーの所有馬で鞍上は野中騎手。

楽しみです。

メゾンラフィット競馬場のスタンド(11年のフランス取材にて)

明日はメゾンラフィット競馬場でジェニアルとラルクが走ります。

パリの河川敷の競馬場。

凱旋門賞の週にはこの競馬場で開催があって、日本のマスコミはこぞって、この競馬場を訪れ、

凱旋門賞に出走予定の馬の調教師や騎手を取材します。

英仏ダービーを取材に行ったことを武豊騎手へ報告しに行ったとき、

ちょうど、その日は松永幹師が仏遠征の計画を発表した日で、武豊騎手に自分もジェニアルとラルクについて聞きました。

「向こうの馬場が合うタイプもいるから面白い挑戦になるよ」と天才騎手は話していました。

こちらも楽しみです。

メゾンラフィット競馬場スタンドの壁にあった最多勝騎手の写真。97年オリビエ・ペリエと一緒に写っているのは…

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ