1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第646回「メンデルスゾーンは米ダート再遠征もG33着…、ベルモントダービー&オークス、今夜はジャンプラ賞!」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
更新
随時

[2018年7月8日19時08分更新]

第646回「メンデルスゾーンは米ダート再遠征もG33着…、ベルモントダービー&オークス、今夜はジャンプラ賞!」

ダービー1週前追い切りへ向かうゴーフォザサミットと蛯名騎手

7日、今年は青葉賞馬ゴーフォザサミットが遠征を計画していた米国、ベルモント競馬場のベルモントダービーがありました。

9頭立てで勝ったのは、アメリカ調教馬のモアザンレディ産駒のカトリックボーイ。

ロイヤルアスコットのG3を圧勝し、アイルランドから遠征したハンティングホーンは3着でした。

ベルモントオークスの方は、同じくアイルランドから遠征、エイダン・オブライエン厩舎のキャメロット産駒アテナが快勝。

鞍上はライアン・ムーア。この日はベルモントで騎乗したので、エクリプスSのサクソンウォリアーには騎乗できず、でした。

レースの格はG3でしたが、この日のベルモントに遠征したバリードイル勢の主役は、

UAEダービーを18馬身半差で圧勝し、ケンタッキーダービーは20頭立て最下位に敗れたメンデルスゾーン(牡3、A・オブライエン、父スキャットダディ)。

BCクラシックへ向けた再度の米遠征、ダート(1600メートル)挑戦でした。が、残念ながら3着完敗…。

アイルランド、ネース競馬場では野中騎手が騎乗。映像を見ましたが、ラチ沿いで我慢して、最後に抜け出してくる好騎乗で2着。

2歳馬で新種牡馬の産駒。こういった結果を出していると、今後が楽しみですね。

今夜はフランスのドーヴィルでジャンプラ賞。

年初にはタワーオブロンドンとファストアプローチがロイヤルアスコット使って、ここを目指すなんて噂もあったんですが…。

それから、ドイツのハンブルグではドイツダービーがあります。ドイツ行きてー。

今は福島から帰る新幹線。

昨日の◎オジュウチョウサンの感動はどこへ…、ボロボロにやられました。反省です。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ