1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第638回「いよいよ今夜、愛ダービー!サクソンウォリアーがディープインパクト産駒日仏愛ダービー制覇に挑戦」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
更新
随時

[2018年6月30日19時05分更新]

第638回「いよいよ今夜、愛ダービー!サクソンウォリアーがディープインパクト産駒日仏愛ダービー制覇に挑戦」

いよいよ、今夜、愛ダービーです。

カラ競馬場の7R。現地時間の17時15分発走予定。時差8時間なので、日本は午前1時15分です。

12年の愛ダービー取材、ダブリン空港は愛ダービーモードでした

12年愛ダービーのウイニングポスト

◆出走馬(馬番順)◆

1、バンデュア(牡3、D・ウェルド、父ザファクター)デクラン・マクドノー騎手

戦績は2戦2勝。アメリカ産馬でオーナーはカルメットファームとアメリカ色の濃い馬。

ダーモット・ウェルド師は過去に愛ダービーを3勝(96年ザグレブ、04年グレイスワロー、16年ハーザンド)。

2、カルロビラーギ(牡3、J・スタック、父ガリレオ)クリス・ヘイズ騎手

戦績は2戦1勝。5月にカラ競馬場でデビュー勝ち。前走はレパーズタウン競馬場のリステッドで5頭立て5着。

3、ディーエックスビー(牡3、M・ジョンストン、父ファー)S・デソウザ騎手

英ダービー2着馬。母の全兄がドバイミレニアム!デットーリも警戒。

4、デラノルーズベルト(牡3、A・オブライエン、父ガリレオ)S・ヘファーナン騎手

英ダービー6着、前走キングエドワード7世Sは5着。

5、ナイトトゥビホールド(牡3、H・ダンロップ、父シーザスターズ)フランキー・デットーリ騎手

前走英ダービーは12頭立て11着。半兄は日本で活躍したコスモメドウ。

6、ラトローブ(牡3、J・オブライエン、父キャメロット)ドナカ・オブライエン騎手

戦績は4戦1勝。デビューから3戦連続2着(重賞含む)だったが、前走カラ競馬場のメイドンを6馬身半差で快勝。

調教師の兄と騎手の弟で挑むオブライエンファミリー。父は12年の愛ダービー馬キャメロット。初年度産駒!

7、オールドペルシアン(牡3、C・アップルビー、父ドバウィ)W・ビュイック騎手

戦績は8戦5勝。前々走はニューマーケットのリステッドを勝利、前走はロイヤルアスコット開催のキングエドワード7世Sを勝利。

英ダービーをマサーで制したゴドルフィン、調教師と騎手。

8、プラチナムウォリアー(牡3、M・ハルフォード、父ガリレオ)シェーン・フォーリー騎手

前走はカラ競馬場の重賞ガリニュールSでラトローブに快勝。

9、ロストロポヴィッチ(牡3、A・オブライエン、父フランケル)P・ベギー騎手

仏ダービー9着、前走キングエドワード7世S2着から参戦。

10、サクソンウォリアー(牡3、A・オブライエン、父ディープインパクト)ライアン・ムーア騎手

日本生まれのディープインパクト産駒。母はメイビー、母の父ガリレオ。前走英ダービーでまさかの4着。

エイダン・オブライエン師は昨年の愛ダービーをカプリで勝利。今年は愛ダービー13勝目を狙う。

11、ザペンタゴン(牡3、A・オブライエン、父ガリレオ)W・ローダン騎手

前走英ダービー8着。母は仏G1サンタラリ賞覇者。

12、テオバルド(牡3、J・ボルジャー、父テオフィロ)K・マニング騎手

戦績は10戦2勝。前走はカラ競馬場のリステッドで7頭立て7着。

ジム・ボルジャー師は92年セントジョヴァイト、13年トレーディングレザーで愛ダービー2勝。

キャメロット!

明日はラジオNIKKEI賞、CBC賞です。グッドラック!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ