1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第625回「仏オークスはローレンスが大接戦を制す!フューチャーレーシングスター賞の富田騎手騎乗馬は13着」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
更新
随時

[2018年6月18日00時46分更新]

第625回「仏オークスはローレンスが大接戦を制す!フューチャーレーシングスター賞の富田騎手騎乗馬は13着」

仏オークスことディアヌ賞は英国調教馬ローレンス(牝3、K・バーク、父シユーニ)がゴール前の大接戦を制しました。

勝ちタイムは2分6秒11。2着と首差、そこから3着が鼻差。3着から4着が頭差。4着から5着が鼻差の大接戦でした。

ローレンスは昨年、2歳G1のフィリーズマイルを勝利。

今年初戦は英1000ギニーで2着。続く、フランスのG1サンタラリ賞を制し、今回、仏オークスを制しています。

仏オークスの2レース前、シャンティイ競馬場のロンジン・フューチャーレーシングスター賞、

日本からは富田騎手が参加しました。結果は14頭立て13着に終わっています。

大きく離されてしまいましたが、騎乗馬エターナルギフトは9歳のセン馬。実力的に差があったのかもしれません。

フランスでは先日、15日のサンクルー競馬場で、

清水調教師が2歳馬サクラゼンセンをデビューさせました。3着だから上々の結果だったと思います。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ